ニートが成功できるか否か
これは普通に就職していたら成功できる確率は低い。
高校や大学卒業で成功したといえる人は殆どいないからだ。
エスカレーター式に卒業後就職したとしても3年で退職して転職する人が殆どだ。
過半数の人でもそういうパターンが当たり前にある。
ニートの人が就職したからといって成功に繋がる可能制は当然のことだが低い。

ニートから成功するには

ニートの期間があって成功に結び付けるには、独立するしかない。
ただ普通のニートの場合は交友関係や人脈はサラリーマンよりも劣るため、ツテは武器にならない。
このあたりは自身で拡張するか人脈が必須ではない商売で独立しないと無理である。

独立は険しい。

独立して金を稼ぐのはハードルは高い。
自営業は個人事業主から始めれば初期費用はかからない。
始める事は簡単ですが、継続して収益をあげてそのビジネスを続けていけるかどうかは別問題だ。
10万円で起業する方法『堀江隆文ことホリエモンが「10万円で起業するには」というテーマで解説している』
カレー屋やラーメン屋は飲食店としては楽な部類といわれるが、
それでも店舗費用や仕事をランニングさせるための資金、集客できるか否かでも命運は分かれる。

20代の既卒・ニート・フリーター・大学中退・高卒・第二新卒を専門にした就職支援!再就職ならジェイック

放浪ニートが、340億社長になった!

放浪ニートが、340億社長になった!


日本初で唯一のレアメタル専門商社「アドバンスト・マテリアル・ジャパン」代表取締役社長。
京都生まれ。
静岡大学在学中から“放浪ニート”として、アマゾンの密林からサハラの砂漠まで世界35か国を放浪。
これまで訪れた国は累計90か国。26歳で中堅商社の蝶理に入社。チタンやタングステンなどのレアメタル(希少金属)部門で、30年間輸入買付けを担当。
2006年、日本初のレアメタル専門商社を立ち上げた。
設立4年目に、多国籍社員24名で年商340億円を達成(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

  • 著者: 中村 繁夫
  • 出版社: ダイヤモンド社
  • 発行日:2009-09-17

  • 放浪ニートが、340億社長になった!

    ニートで社長になれたり、340億稼げる人は本の一握りだろう。
    脱藩起業とは

    社会の底辺の人とは関わってはいけません|アッキーの雑談ブログ