滋賀県 の事件で、
47歳男が起こした人物が謝罪の場で逆切れして
死亡事故の遺族に暴力振るって怪我3週間を負わせたとして書類送検されたらしい。
本人は事故で執行猶予中だったとのこと。
こんな人物よく社会に放ってるなと滋賀県が怖くなる。

死亡事故の遺族に暴力か 有罪判決の会社員を書類送検

去年、滋賀県米原市で男子高校生を車ではねて死亡させたとして有罪判決を受けた会社員が、示談の話し合いの際に遺族に暴力を振るい、けがをさせたとして、警察は傷害の疑いで書類送検しました。
去年2月、滋賀県米原市高溝の交差点で、横断歩道をわたっていた高校2年生の大槻祐仁さん(当時16)が乗用車にはねられ、およそ3か月後に死亡しました。車を運転していた47歳の男性会社員は、過失運転致死の罪で起訴され、ことし2月、禁錮3年、執行猶予3年の有罪判決を受けました。

被害

体当たりをされた高校生の弟が3週間のケガと
⇒会社員を傷害の疑いで書類送検しました。

高校生ひき殺しておいて
謝罪の場で逆切れして怪我をさせる47歳とか大人失格だろう。
どんな罵声うけたのか
何でキレたのか分からないがどちらにしても大人の対応ではない。
こんな人物世の中に放逐していたらまた同じようなことするだろうよ。

高校生を42㍍はねて死なせ「執行猶予」 無念の遺族 検察に控訴嘆願
2016年02月07日http://ameblo.jp/my-you/entry-12125290564.html