神奈川県横浜市の150万円被害の、いじめに対する教育委員会の発言が変過ぎる。

いじめ逃れるために150万円の支払いは、いじめでない神奈川県

 東京電力福島第1原発事故で福島県から横浜市に自主避難した中学1年の男子生徒がいじめを受けた問題で、横浜市教育委員会の岡田優子教育長は20日、「(同級生からの)金銭要求をいじめと認定するのは困難」と述べた。

思うこと

これは吹っ飛びすぎている。

150万円支払うことがいじめではなく
虐めの防止としてつかったという発想は、教育者として失格だろう。

どういう理由でこの結果に至ったのが腑に落ちない。

小学生が150万払うという被害も甚大ではあるしこの家庭もどうなってるの?とは思う。
しかしそれ以上にいじめを回避するためにお金を使う行為が、いじめではないとされるのは、本末転倒にしか感じない。

次ページ