find-new-home-entertainer-had-tweeted-real-estate-employees
芸能人の新居探しをTwitterに「ツイートしちゃった」不動産社員 が謝罪したという事件。
この手の有名人が被害を追う事例撲滅しないですね。
むしろいい年した社会人がネット上に垂れ流すとか、それだけでも会社の損害につながりそうなものだがちっとも危機意識ないのだろうな。

堀北・山本夫妻の新居探しを「ツイートしちゃった」不動産社員 「35万円賃貸」特定され、大炎上で謝罪へ

J-CASTニュース 1月10日(日)16時10分配信

 「新婚の堀北真希と山本耕史夫婦に接客し35万円の賃貸物件を紹介した」。不動産仲介大手の女性従業員が自身のプライベートなツイッターで明かしたため、「プライバシーの侵害だろ!」などと「大炎上」する騒ぎが起きた。

何年か前にも引っ越し業者が芸人か何かの引っ越しをツイートしていて炎上していた事例があったが、
この手のやるやつ消滅することはないようですね。

過去に起きていた事例

沢山事例がある

  • またツイッター?アンジャ渡部の引っ越し情報が流出していた

    ・過去には金爆キリショーも同様の被害に遭っていた

    http://matome.naver.jp/odai/2139929145290329401

  • 無くならない炎上

    この手の会社員が情報もらしたり
    仕事に関連するツイートで他人に被害が及ぶ事例がとっともなくならない現実が有る。
    社会人でもこんなのだから10代とか大学生がバカッターやっている事例は、必然に思えてならない。
    大人ですらインターネットの危機管理できていない世の中なのだから。

    東大の大学生でもバカは居る

    2016年東大生がTwitterを用いた集団で犯罪(違法)行為したことからも
    やはりTwitterのバカ発見器としての機能は偉大だと思われる。