三菱UFJ銀行 紙の通帳やめれば1000円

スポンサード リンク

紙の通帳やめれば1000円 三菱UFJ銀行、先着10万人に 払うらしいのですが、今後どうなるのかということについて。

三菱UFJ銀行は24日から、紙の通帳をやめて、スマートフォンなどで閲覧できるデジタル通帳に切り替えた利用者に対し、1000円を提供する取り組みを始める。同行に普通口座を持つ先着10万人を対象とする。

問題点

データの証拠としての記録がどこまで役に立つのか?
サラリーマンなら問題かもしれないが個人事業主、会社経営者だと預金通帳の方が楽

有料化の動き

口座開設者の一部に対する紙の通帳発行を対象に、200~1000円程度の手数料を徴収する検討も進めている。

こうなってくると、ネット専業銀行でもいいんじゃね?となりますね。
楽天銀行、ソニー―銀行とか住信SBI銀行とか新生銀行
コンビニ系でもセブン銀行やイオン銀行もありますし。

ATMも不便になったこと

コンビニATMは使いづらく郊外ATMの減少と混雑に銀行窓口や備え付けATMも混雑している。
以前は、コンビニATMでも月何回か迄は出金手数料無料だったのですが、気づいたら有料になっていた。
反対に郊外ATMなどの出金手数料は無料時間枠が拡大。

さらには2019年末ごろから、三井住友と郊外ATMのみ、無料利用時間の連携など。
⇒実際にはUFJも三井住友も併せて『郊外ATMの数が減った』。
利用者には不便性だけが増した結果となった。

手数料や、ATM手数料引き上げたのはUFJ銀行であること。

三菱UFJ銀行 紙の通帳やめれば1000円

スポンサード リンク

銀行
nufufuをフォローする
関連記事

サイト内検索

ぬふふ.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました