食品について

食品は食べる物のこと。
国や文化によって主食や料理は異なる。
ただし基本的に人が食べる食材は炭水化物や動物性たんぱく質、水分など基本的な物は同じで、他の動物も基本的には違いは無い。
しかしながら哺乳類でも食べれるものが異なるように、人でも、体質などで食べれるものは個人差が存在する。(極端な例としては、食品アレルギー等。)

食品について

食品は冷凍食品でも生鮮食品でもインターネット通販で簡単に購入が可能になりました。
ネットスーパーの普及や出前もインターネットから注文できて決済も完了するために今後も食品におけるネット通販は期待したい分野です。
アレルギーや、各種トラブル、異物の混入など加工食品が多い現代では食事一つにしても色々と気を配ることが多いのが現状です。
食品に人工的に混ぜる食材である、添加物や保存料の健康被害の影響度は未知数だと考えた方が良いです。(一部の伝統的なものを除いて、半世紀程度未満の加工品は多数存在している上に使用されている添加物などの種類は年々増えている。危険度の証明と、規制は追いつかない)

現代の食事情

外食店が増えたことで街中では気軽に飲食が済ませられる。
缶詰・冷凍食品・即席めんや各種保存食品が販売されており食事には困らない環境が整ってきてはいますが
添加物や保存料・化学調味料などの問題点も大きくなっています。
食品のリスク
食品については、元々アレルギーなどの問題が重視されてきました。
近年においては調理された食品の点物や保存料などを危惧したり、トランス脂肪酸といったものも危険視されています。
最近では、放射能だ、やれ農薬だと危険性が沢山あります。
これらは、全て排除することは到底不可能です。
自炊最強!などという人がいますが、多少のリスク管理が出来るというだけで、絶対に安全安心という保証はどこにもありません。
ラーメンについてのカテゴリー記事
添加物の規制は、各国でばらつきが有り、日本はあまり積極的では無いようにも感じる。

食品と混入事件

ペヤングにゴキブリ混入で炎上事件、
マクドナルドの期限切れ肉ナゲット・異物混入事件。
中国産チキンの抗生物質などの薬品大量投与肉問題など
常に食品に関する問題は無くなることはありません。
産地や製造過程に問題がある食材だと、自炊であろうとリスクを消費者が回避することは不可能です。加工食品を避ける食生活にしても農薬や、放射線といった問題もありますし、原産地などを絞って食事をするには不便が大きいのが現実の問題です。⇒高コストになりやすい。

食中毒

飲食店など中小の店舗が食中毒問題起こすと致命的なようですね。
ただし大手のところも対応は上から目線なもので、マクドナルドは利用しないでおこうと思った記憶が当方にはあります。
焼肉屋などでも下痢になったりすることがあるのでまぁハイリスクですね。

牛すき鍋膳9食目+鮭 単品|吉野家

外食 食品
すき鍋に玉子投入

ラーメンが無性に食べたい気分だったのですが、遠出するには寒すぎるので、 吉野家に行き9食目になる牛すき鍋膳並盛のセット 昨晩食べた鬼辛豚チゲ鍋膳のせいでなのか腹痛い下痢気味でござる。

それでも食べる鬼辛豚チゲ鍋膳12食目|吉野家

食品
鬼辛豚チゲ鍋膳12食目

それでも食べる鬼辛豚チゲ鍋膳 これで12食目 何故ここまで辛さにハマっているのかは分からない。 すき鍋膳食べておいて12時間も経たぬうちに「鬼辛豚チゲ鍋膳」を単品大盛りで食べるという愚行に。 ただ豚肉と辛さの魅力はとても強い。 しかしスープの旨味とか辛さで旨いというわけではない。

8食目は鍋に溶き玉子投入する牛すき鍋膳定価650円|吉野家

外食 食品
吉野家の牛すき鍋膳に付いてくる生玉子

吉野家の冬定番限定メニューの牛すき鍋膳650円。 それでも吉野家の牛すき鍋膳を食べ続けるオイラです。 たぶん野郎ラーメンが近くに有ったら普通に毎日でも食べつづられるかもしれない。 今回は溶き卵を鍋にぶち込んで食べる挑戦。 ネタ切れ感満載ではあります。

牛すき鍋膳 並盛 6食目|吉野家

外食 食品
吉野家「牛すき鍋膳 並盛」通算6食目

吉野家「牛すき鍋膳 並盛」通算6食目 辛キャンペーンの無料ご試食券使用(5枚目)。 ※別に牛すき鍋膳が、うまいとか、すごい個性があるというわけではなく、「無料ご試食券」が当たったから食べまくっているだけです。

吉野家 牛すき鍋膳4食目

外食 食品
吉野家 牛すき鍋膳

牛すき鍋膳並盛 セット 4食目。 定価650円。 飽きることなく鬼辛キャンペーンの無料ご試食券使用。 差額300円支払ったら肉二倍盛り利用できるか尋ねたら駄目だと言われてカチンときて食べる牛すき鍋。

クランキーアイスバー キャラメル&クッキー(アイスミルク)|ロッテアイスのアイスバー商品

食品
クランキーアイスバー キャラメル&クッキーのパッケージ

まいばすけっとで購入したクランキーアイスバー キャラメル&クッキーという商品。 ロッテアイスのアイスミルクの商品『CRUNKYキャラメル&クッキー』というアイスを食べてみた。 クッキー感のサクサクは有るけども、突出して旨いには繋げていないので残念。 あと謎に舌がしびれる。

基本メニューを一巡すると食べたくなるヤシオマスの塩そば|竹末東京プレミアム

ラーメン 食品
ヤシオマスの塩そば880円

東京都墨田区押上駅近くのラーメン店、竹末東京プレミアムにて基本メニューを、一巡すると食べたくなるヤシオマスの塩そば880円。 鶏白湯のスープにヤシオマスという栃木の魚が入ったスープで魚っぽい風味と味が特徴。 トッピングされている具は他のラーメンメニューとほぼ共通している。

11食目 鬼辛豚チゲ鍋膳 並盛のセット| 吉野家

外食 食品
鬼辛豚チゲ鍋膳並盛のセット定価680円

吉野家にて既に11食目の「鬼辛豚チゲ鍋膳」を並盛セットで食べてみた。 やはり何度も食べてみて思うのはご飯も食べるとボリュームは並盛でも満足するのですが、鍋単品だと大盛りでも少ないのが残念。 前回鍋単品+大盛り+肉増しまで注文してもボリュームに満足できなかったことからも、 鬼辛豚チゲ鍋膳 のボリュームの低さには残念度が残る。

10食目 鬼辛豚チゲ鍋膳 単品「大盛り」と「肉二倍盛り」| 吉野家

外食 食品
鬼辛豚チゲ鍋膳 単品「大盛り」と「肉二倍盛り」|吉野家

吉野家にて通算10食目 鬼辛豚チゲ鍋膳 単品「大盛り」と「肉二倍盛り」合計980円という価格は吉野家では高い注文だ。 一言で言うと鍋の具の比率が物足りないことこの上ない。 鍋大盛り単品だと物足りなく感じるのですが 「肉二倍盛り」にするとさらに減った気がする。

ページの先頭へ