食品について

食品は食べる物のこと。
国や文化によって主食や料理は異なる。
ただし基本的に人が食べる食材は炭水化物や動物性たんぱく質、水分など基本的な物は同じで、他の動物も基本的には違いは無い。
しかしながら哺乳類でも食べれるものが異なるように、人でも、体質などで食べれるものは個人差が存在する。(極端な例としては、食品アレルギー等。)

食品について

食品は冷凍食品でも生鮮食品でもインターネット通販で簡単に購入が可能になりました。
ネットスーパーの普及や出前もインターネットから注文できて決済も完了するために今後も食品におけるネット通販は期待したい分野です。
アレルギーや、各種トラブル、異物の混入など加工食品が多い現代では食事一つにしても色々と気を配ることが多いのが現状です。
食品に人工的に混ぜる食材である、添加物や保存料の健康被害の影響度は未知数だと考えた方が良いです。(一部の伝統的なものを除いて、半世紀程度未満の加工品は多数存在している上に使用されている添加物などの種類は年々増えている。危険度の証明と、規制は追いつかない)

現代の食事情

外食店が増えたことで街中では気軽に飲食が済ませられる。
缶詰・冷凍食品・即席めんや各種保存食品が販売されており食事には困らない環境が整ってきてはいますが
添加物や保存料・化学調味料などの問題点も大きくなっています。
食品のリスク
食品については、元々アレルギーなどの問題が重視されてきました。
近年においては調理された食品の点物や保存料などを危惧したり、トランス脂肪酸といったものも危険視されています。
食品添加物は危険?
最近では、放射能だ、やれ農薬だと危険性が沢山あります。
これらは、全て排除することは到底不可能です。
自炊最強!などという人がいますが、多少のリスク管理が出来るというだけで、絶対に安全安心という保証はどこにもありません。
ラーメンについてのカテゴリー記事
添加物の規制は、各国でばらつきが有り、日本はあまり積極的では無いようにも感じる。

食品と混入事件

ペヤングにゴキブリ混入で炎上事件、
マクドナルドの期限切れ肉ナゲット・異物混入事件。
中国産チキンの抗生物質などの薬品大量投与肉問題など
常に食品に関する問題は無くなることはありません。
産地や製造過程に問題がある食材だと、自炊であろうとリスクを消費者が回避することは不可能です。
加工食品を避ける食生活にしても農薬や、放射線といった問題もありますし、原産地などを絞って食事をするには不便が大きいのが現実の問題です。⇒高コストになりやすい。

食中毒

飲食店など中小の店舗が食中毒問題起こすと致命的なようですね。
ただし大手のところも対応は上から目線なもので、マクドナルドは利用しないでおこうと思った記憶が当方にはあります。
焼肉屋などでも下痢になったりすることがあるのでまぁハイリスクですね。
オリジン弁当に異物混入?

牛皿ファミリーパック(4人前) 3回目|吉野家

食品
牛皿ファミリーパック(4人前) 3回目|吉野家

吉野家の牛皿ファミリーパック(4人前) 3回目食べてみた。 紅ショウガと七味が2つしか入っていない。 これは少し感は否めない。箸は4つ付いていたのに。 非常に適当品質だよな吉野家。 マニュアルとか指導が徹底していないのだろうか?疑念が強くなる。

牛皿ファミリーパック吉野家4人前|2回目

食品
全体図:牛皿ファミリーパック吉野家4人前|2回目

牛皿ファミリーパック吉野家4人前|2回目 何故か深夜近い時間帯に牛丼もとい牛皿が無性に食べたくなった。 缶詰では我慢できない食欲の衝動。 糖質制限は外せないので牛皿にした。 持ち帰り80円引きの900円で購入。

ゆず白菜づけ|まいばすけっと

食品
パッケージ:ゆず白菜づけ|まいばすけっと

まいばすけっとで購入した「ゆず白菜づけ」 動画 食べてみて 開封すると液体が飛び出してくるため要注意だ。 味はとにかく薄目 なんというかおいしくない。 数口食べて飽きる。 白菜自体は大きめなのが多いのは良いのですけど 肝 […]

ページの先頭へ