ローストビーフのレシピについて。
ローストビーフの写真
牛肉料理としての違い。
ステーキが塊上の肉を分厚く切って焼く料理であるのに対し
ローストビーフはブロック状のままで調理開始することが最大の違いだろう。
赤身で完成する出来もローストビーの方がくっきり仕上がる。

スポンサード リンク

ローストビーフ レシピ

  • 牛肉鮮度が新しいもの
    焼き方にもよりますが、
    部位は柔らかい部分が適している。脂身が多いのはバラ肉
    ロースなどは赤身が多い
    モモはほぼ赤身
  • ロースかモモのが無難か。ただし味付けや好みによる。
    薄切りにすれば元の肉が硬いものでも結構食べれる。
    脂身が多い肉は避けた方が無難だ。
    牛肉の各種部位の名称と調理例の向き不向き

    調理方法

    ブロック状態のままフライパンで焼く。
    表面に焦げ目がつく程度焼く。
    この表面を焼く理由として肉には表面部分に菌が付着・発生していることが多い為表面部分は高温で加熱する必要がある。
    怠ると食中毒の危険が残るためしっかり加熱すること。
    このあとオーブン等で熱おなかまで通す。他にも専用に焼いたりする調理も存在する。
    調理時間は加熱器と肉の厚みで異なる。
    冷まして薄切りにして食べる。

    ローストビーフ 炊飯器

    炊飯器で低温調理する場合は
    肉の表面をフライパンで焼く。
    その後ジップロックに入れて タレも居れて
    炊飯器に入れる。熱湯を注ぐ。
    80度~70度程度の温度で1時間程度保温しつづけておく。
    炊飯器で作る場合にはメーカーや炊飯器の種類で保温の温度が異なる為適宜調節が必要。

    チャーシュー(焼豚)

    チャーシューは本来の意味は焼き豚だ。
    味付けした豚肉を串刺しにして炉で焼く料理方法。
    オーブンなどで焼くことが代用されているのである種ローストビーフに通じる調理方法だといえる。

    ローストビーフの食べ方

    ダイレクトに食べる。

    ローストビーフの調理例の写真
    ローストビーフにタレや野菜が盛り付けられた図
    ローストビーフ単体だと単調な味付だけなのでタレや他の野菜と食べ合わせるのが無難。

    サンドイッチとして食べるのも簡易に用意でき便利。

    サンドイッチの具として挟むローストビーフ
    パンの上にチーズとレタスを乗せてその上にローストビーフを乗せた図

    サンドイッチの具として挟まれたローストビーフ
    サンドイッチの具として挟まれたローストビーフ

    ローストビーフ通販 ギフトのたわら屋