赤いきつねというマルちゃんのカップうどんを2017年3月22日に食べた記録。
赤いきつねのパッケージ
赤いきつねは長い事販売されているので敢えて言うことはないのですが
油揚げが好きなら有りの逸品。
カップうどんとしては定番といえる味。

スポンサード リンク

赤いきつねの出来上がりの図
玉子とかまぼこも入っているがそれは存在感としては薄い。
メインは油揚げだ。
これが好きか嫌いかだけでも左右される。
うどん事態のクオリティーは昔からさほど変わっていないが、個人的には硬めで食べるのが好き。
もうおやつ的な感覚で食べる。
うどんとして食べるクオリティーではない。

動画

七味だけは後入れの方が七味の香りが分かりやすいので良い。
最初からスープと七味を入れるのは愚行だと思う。
ただしスープと七味が一緒の包装なことは頂けない。

栄養成分表示

栄養成分表示赤いきつね

標準成分表:1食(96g)あたり

栄養素 内容量
エネルギー 432kcal
たん白質 10.6g
脂質 19.1g
炭水化物 54.4g
ナトリウム 2.6g
(めん・かやく) 1.1g
(スープ) 0.5g
ビタミンB1 0.31mg
ビタミンB2 0.31mg
カルシウム 172mg
    食塩相当量は、

  • めん・かやく:2.8g
  • スープ:3.8g
  • 合計6.6g

スープまで飲み干すのは食塩接収量が高い。
赤いきつねの栄養価

マルちゃんは赤いきつねと緑のたぬきだけは安定なカップ麺に思う。
他メーカーのカップうどんと比較しても、地位を確立している感じは有る。
赤いきつねの原材料表示

通販

通販サイトはアマゾンか楽天市場にて。
Amazonで『赤いきつね』検索する。

楽天市場で『赤いきつね』検索する。
どちらでも販売されている。
まぁ通販サイトで買わなくても100円ローソンとかでもたまに販売していますし、スーパーなどでもありますが、価格が安い時に買い込んでおくには良い定番なカップうどんに思います。

日清のカップうどんも嫌いではないのですが、
何故かイマイチな完成度のマルちゃんの赤いきつねには個性がある気がするのでした。