アメリカ産牛肉は、BSE問題が懐かしい問題に思える程度には、2014年現在では何事もなかったかのように日本の市場では普通に販売されている。
BSEで最もダメージを受けたと思うのは牛丼屋の吉野家が浮かぶ。

  • 牧場飼育
  • 肉質 やや硬い。
  • 味 普通
  • 価格 部位にもよりますが、オーストラリア産よりは高めに感じることは多い。

真偽は不明なもののアメリカ産牛肉の噂

BSE問題が「肉骨粉」が原因だったりしたが、2014年現代でもアメリカ産の牛肉は黒い噂が絶えない。
某大手ハンバーガーチェーン店などのアメリカ産の牛が虐待されているかのような様や、餌やりの仕組みなどが、根拠があるものかどうかは不透明ですが、色々と問題視する人は多い。
ホルモン剤などの投与も危惧されていたりする。
別にアメリカ産牛肉だけを危険視するわけではないが肉は結構問題が多い食材な感じは強い。
和牛をメタボ牛だといったりする考えの人もいますので。「牛肉よりは天然の魚が良い!」といっても、放射線だなんだと非難の声は上がりそうですし。どれが安心して食べれるのかは販売者の責任と個々人の判断で。

I/61Zz3GrSVqL._SL500_.jpg” alt=”アメリカ産牛肉 サーロインステーキ 400g [その他]” border=”0″ />

アメリカ産牛肉 サーロインステーキ 400g [その他]

  • メーカー: The Meat Guy
  • アメリカ産牛肉 サーロインステーキ 400g [その他]

    流通事情

    アメリカ産牛肉はオーストラリア産と同等に日本では、シェアが大きく外食産業でも使われていることは多々ある。
    現在でも吉野家はアメリカ産牛肉だ。

  • 吉野家を知る吉野家の考える「安全」と「安心」について安全性に対する吉野家の取り組み米国産牛肉の生産・流通と衛生管理体制
    http://www.yoshinoya.com/about/safety/policy/beef/index.html
  • 他に松家も『牛肉 : アメリカ・カナダ』を使っているとなっている
    参考:http://www.matsuyafoods.co.jp/safety/gensanchi.html
  • すき家は、オーストラリア産かアメリカ産となっており
  • 牛丼チェーン店では、ほぼアメリカ産牛肉だともいえる。
    アメリカ産牛肩ロースステーキの写真
    このロースステーキと書かれた肉は筋が固く身も固かった。下ごしらえ十分にしないで適当に焼いて調理すると大抵悲惨な事になる。
    ナイフとフォークがないとマトモに食べれない。(もしくは事前に包丁でカットするか)

    スーパーなどでもアメリカ産の牛肉を見かけることが多くなった。
    しかしブロック単位で販売していることは業務用スーパーにでもいかないと見かける事はない。
    大抵スーパーマーケットではアメリカ産牛肉はカットされて販売している。
    タレに漬け込んで販売されているものも多い。
    味は突出してウマいと感じる事がない程度で、普通に食べれるという程度の牛肉だ。
    たまに調理を間違うと硬くなりやすいのも痛い。

    和牛

    肉のハナマサはオーストラリア産の牛肉が安い

    牛肉の各種部位の名称と調理例の向き不向き

    肉の価格について(牛肉・豚肉・鶏肉等)