たんぱく質は体を作るのに欠かせない成分です。
筋肉や様々な部位の育成に使われている。
1日に必要なたんぱく質の量を調べてみた。

たんぱく質は、英語だとprotein(プロテイン)のこと。

年齢によって異なるたんぱく質の量

豚ロース肉
たんぱく質摂取量は成人だと推奨量が60gです。
高齢になっても1日の必要量は殆ど変化しません。

成長期の10代後半だと65gが推奨されている。

子供は体が小さい為推奨量は低い。
筋トレ中や肉体労働している場合はそれを超える量が必要
※めっちゃここ数日筋肉痛なのに筋肉がつかないという人はたんぱく質が元々不足していることが考えられます。

たんぱく質が不足すると?

たんぱく質不足になると肥満になる。
理由は代謝が下がるから。

基礎代謝量の上下は筋肉によるもの
動いていない時も、体温を保つために人は体脂肪を燃焼させている。

脳や内臓の基礎代謝は一定
筋肉の代謝は人それぞれで異なる。ライフスタイルの違い。

筋肉量を増やす代謝量が増え 太りにくくなる。

筋肉量が減る代謝量が減る為 太りやすくなる。

中年太りの原因は筋肉が落ちるためで食べ過ぎていなくても筋肉が落ちることで太りやすくなる。
【糖質制限ダイエット】腹いっぱい肉を食べて1週間5㎏減!ケトジェニック・ダイエット

食品ごとのたんぱく質の含有量

たんぱく質を多く含む食品の紹介です。
肉、魚、乳製品、玉子、大豆(大豆は畑のお肉だ)、
※豆類でもソラマメや落花生は糖質が多い為注意が必要。

ステーキ用の牛肉

肉類100gあたり
牛モモ肉 19.5g
牛肩ロース 18.0g
豚肩ロース 17.1g
鶏もも肉(皮つき) 17.3g
鮭:28.5g

ウィンナーやベーコンなどの加工肉は、食品添加物が含まれている為頻繁に食べるのはリスクが有る。

乳製品

○チーズ
○バター
△牛乳
△ヨーグルト
※乳糖不耐性の関係で牛乳とヨーグルトなどはお勧めしにくい食材。お腹の調子が悪くなるなど。

豆類

ザルにのっけられた豆腐の写真
大豆や豆腐
大豆 100gあたり、たんぱく質35.5g と優秀ですが調理や食べやすさからデメリットもある。
純粋に大豆であれば炭水化物量に対しての食物繊維量も多く糖質制限には適している。
大豆とメジャーとスプーンが置いている写真
大豆はきな粉が一般的ですが、煎り大豆などの方が無駄な成分をとらずにたんぱく質を得られる。
豆乳やオカラもありますが栄養価は多少異なる。
素煎り大豆 TOPVALUで購入したもの

大豆たんぱく質が原料のプロテインも有る⇒明治 ザバス ソイプロテイン100 ココア味【50食分】 1,050g飲んでみた。他のプロテインとの比較

栄養成分表示には大豆イソフラボンの含有量などは書かれていないため、大豆本来の栄養素を期待するには根拠が足りないのも悩ましい。
大豆の栄養価効果を期待したいのであればソイプロテインよりも煎り大豆やみそ汁を食べたほうが良い気がする。

たんぱく質がもっと必要な人

スポーツでトレーニングしている人達の写真
アスリートなど競技力向上のためのトレーニングを行っている人
高負荷なトレーニングを行っている人。
体重1kgあたり1.2~2.0gが必要とされている
体重60kgの人が2gだと
60×2g=120gものたんぱく質が必要。
これはかなり多くの肉類のたんぱく質を食べなくてはなりません。
牛肉だけで1日で摂取すると毎日600gは食べないといけない。
※昼と晩に300gずつ牛肉や豚肉・魚等を食べるなどのメニューが想像される。コストで考えると食費に多大な負荷になる。

これを補うのにプラテインは適切な食材だと言えます。
プロテイン入門:初めて飲むプロテインは、SAVAS(ザバス)を飲んでみた
現在市販されているプロテイン商品は1杯当たりたんぱく質が15g~20g程度含まれている。※メーカーや製品によってたんぱく質含有量は異なる。
プロテインは、「ホエイプロテイン」「ソイプロテイン」が多く販売されていますが、個人的にはホエイプロテインの方が水に溶けやすく飲みやすいです。
たんぱく質含有量は、DNS プロテインホエイ100 チョコレート風味が1杯当たり24.6gと最も多い。
デメリットはビタミン類が含まれていないこと。

プロテインのたんぱく質の比較

1食あたり(約20g程度)
SAVASプロテイン 15.0g
SAVASソイプロテイン 15.0g
Bodyウィングソイプロテイン 20g前後
DNS プロテインホエイ100 24.6g
WPC100プロテイン1㎏ 甘め・濃厚ココア味【Vol.1Type AMAZON限定】 11種類ビタミン 香料不使用 40食分 HIHG CLEAR(ハイクリアー)

ダイエットに
ウエストにメジャーをあてている女性の腰
たんぱく質は筋肉を作るのにかかせず、筋肉を増やせば脂肪燃焼を効率よく働かせるため、ダイエット効果が期待できます。

週刊文春 老けない最強食

たんぱく質⇒肉⇒糖質制限の観点からはビタミンと、味付の糖質量がネックになる事。
プロテインはメリットも大きいのですが人口甘味料が多く使われている為、万能食では無い可能性も長期的には危惧すべきだ。
玉子や鮭・青魚などのメリットも踏まえて適切な栄養源摂取とたんぱく質摂取が理想だといえます。

SAVASホエイプロテイン100 リッチショコラ味 トライアルタイプ 10.5g

Amount of protein required per day