仮に、麺量200g程度で炭水化物量100g程度と過程する。
(実際には80gにも満たないと考えられる。)
すると他に摂取可能な糖質はほぼ絶てば、痩せれる気がしてならない。
中華麺の糖質は、いくつなのか(ラーメンの麺の糖質量)

スポンサード リンク

前提として

基本的に私は、肉も魚もラーメンも好きなのです。
ラーメン食べずに、ご飯も食べずに
牛肉・魚・豚肉オンリーの糖質制限したらミルミルお腹のお肉は落ちていった。
ただし途中(数か月)で飽きた。
どうしてもラーメンだけは食べたかったのだ。

糖質の基準

  • 国際基準値.糖質制限
    120g未満
  • 参考までに、
    ご飯お椀1杯で60g程度
  • 牛丼1杯でも100g超える程度の炭水化物量だ。
  • ラーメンは突出して炭水化物量が多い食材だとは考えられない。

1日1食のラーメンだけで過ごして他は、ほぼ糖質ゼロの魚の水煮の缶詰とかアタリメでも食べていればセーフなんじゃね?という考え方です。

ただしラーメン二郎などは麺が太目で味付も濃い上に1杯で一日の栄養摂取カロリーを優に超えるようなラーメンはどう考えてもNGです。
トッピングでライス類頼むのもNG。
餃子程度であればよいのですがこれも肉のみよりは衣があるため糖質は高め。

ラーメンの糖質の推定値

基本的にラーメンの中で最も糖質が高いのは、麺だ。
スープは極端に糖質を上げる要素は少ない。
豚骨出汁、鶏出汁、魚介出汁では極端な糖質の差はないだろうと考えられる。
清湯・白湯でも煮込み方の違いでしかないため、見た目から想像する炭水化物量の差はないはずだ。
タレに関しても一般的なのは
「醤油」「味噌」「塩」
これらも1杯に使われる量は微々たるものなのであまり気にする必要はないはずだ。
推定でもラーメンのスープの糖質は極端に高いものだとは考えにくい。1人前で糖質はどう多く見積もっても30超えない。
しかしスープの味付が濃い物に関しては糖質も高めの傾向になっていることを想定しないといけない。

問題になるのはトッピングされる具だ。
葉野菜は比較的セーフ(葱・カイワレ・)
メンマの糖質も少ない。(味付が濃いメンマは相応に高くなる可能性がある。)
モヤシも少ない。

玉ねぎは少し多い
チャーシューは味付けが濃いと高い可能性が有る。
ワンタンも衣が小麦粉であるため糖質高め。
基本的に店舗のラーメンでも麺抜きラーメンだったら糖質の量は、50g未満で済むのではと予想できる。
※ただし実際に店舗のらーめんは栄養成分表示を公開している店舗がない為推測地です。

実践中


ひとまずラーメン以外徹底的に糖質接種を極力さければ、
太らない。
ただし痩せることは無い。
ここから痩せるには麺抜くしかないのか?ラーメン二郎で麺抜きラーメン(炭水化物抜き)・・・
運動量増やすか?
少々壁にぶつかっているのでした。
現在これは進行中なので、今後の経過も含めて追記していきます。
ラーメン以外の食事はスーパー糖質制限にするという魔手は存在しますが、そこまでは行っていません。
※私的な試みですので、保証は出来かねます。
麺なしラーメンについて

結果

2017年4月12日現在において、1日ほぼ一食で、ラーメン食べ続けてきたものの、ラーメンだけだと腹持ちよくない店舗も有る為1日持たないことがある⇒この場合はイカのフライとか肉類食っていた。
結論としては体重の増減はさほどないものの、下痢気味が続く。
ウエストサイズは減らない。(稀に増えることも)
徹底した摂取栄養管理していればこういうことはにならないのかもしれませんが如何せんラーメンは店舗によっても選ぶメニューによっても差が有る為一概には言いにくい。
しばらくステーキ食の日交えていこうかと思う。
いきなり!ステーキ ワイルドステーキ300g