焼肉のホルモンについて

スポンサード リンク

焼肉のホルモンについて紹介します。
ホルモンが牛肉に該当するかは好みで別れるところだと思います。
一般的なホルモン焼と焼肉屋(赤身肉)の線引きがないため。
ホルモン焼き

スポンサード リンク

ホルモン

肉屋のホルモンなど|写真

肉屋のホルモン

ホルモン焼き
焼肉はロースやカルビが赤身肉が主流ですが、
ホルモンと呼ばれる白肉が存在する。
ホルモン「白肉」は、内臓肉(バラエティーミート)
※鶏肉のホワイトミートは、ムネニクのことです。
牛のホルモン部位解説

牛のホルモン部位解説


地域によってはホルモン、ホソ、ヒモ、コテツ等
外側に脂がたっぷりついているミノ(第一の胃)
ミノは第一の胃
ひっくり返して筒状にしたものがコプチャン

白肉の脂は赤身肉の脂よりもさっぱりしている

ハラミ

ハラミ焼肉 豚 ローソンストアで購入した物

パッケージ全体図


肺にくっ付いてる部位であるため白身肉に分類される
肺を動かす肉 牛の横隔膜といわれる
牛1頭からとれるのは3kgほど

低脂質で高たんぱく。
下がりは横隔膜にぶら下がっている部位。

レンガ

レンガ

レンガは、ハラミの付け根の部位のこと。

ワイルドステーキの部位と栄養価と価格の変化について|いきなり!ステーキ

牛には、胃が4つ有る。

  • ミノ:最初の胃
    微生物で発酵させるところ
    上ミノの写真

    上ミノ


    ミノは1番目の胃袋
    ミノの中の一部分で肉の中に脂が挟まったようになっているところがミノサンド
    牛1頭からほんの少ししかとれない
  • ハチノス:二番目の胃
    すりつぶす機能
    煮込まないと噛み切れない硬さ 出汁が出る
    フランスや中国でも人気。イタリアでもトリッパの煮込みなど。
  • センマイ:第三の胃
    ヒダヒダで胃の機能は細かくくだく
  • ギアラ(赤センマイ・赤セン等):第四胃袋。
    胃液で消化する部位
    ギアラまたは、赤センマイ

    ギアラの写真


    肉質は硬め。
    • 小腸
      牛の小腸がマルチョウ(丸腸)
      または「こてっちゃん」、コプチャンとも。
      マルチョウ

      マルチョウの写真

    • 牛の大腸はシマチョウ
      または「てっちゃん」
      シマチョウ(ホルモン焼き)

      シマチョウ


      調理後のシマチョウの写真

      調理後のシマチョウ


      てっちゃん

      てっちゃん

    牛肉の旬と栄養成分とカロリー・糖質など

    簡単に食べれるホルモン


    エスフーズ 加熱調理済 こてっちゃん

    日本で販売されている定番料理だと「こてっちゃん」がある。
    原料は「牛小腸」牛もつ鍋や牛白もつなども販売している。
    こてっちゃん|こてっちゃんブランドサイト
    http://www.kotetchan.com/

    焼肉屋が増える理由

    焼肉屋が開業の先に選ばれやすい理由は仕込みだけ容易しておけば注文が入れば提供するだけなので調理の手間がかからないことが大きい理由とされる。
    ランチタイムのサービスで焼肉店の利用を促すことにチャレンジしている店も多い。
    一人焼肉の流行も2000年代以降の策ですからね。
    焼肉店開業のデメリットになる要素として、
    近隣環境などで換気などの問題があることと
    仕入れルートの確立が難しい面も有る。
    海外展開根も国によっても牛肉の仕入れや管理基準・輸出入の基準が異なる為ハードルが高い。
    フランチャイズの比較検討ポイント 日本最大級のFC募集情報サイト フランチャイズ比較ネット 

    焼肉漫画


    これは作品としての話は、薄いけど焼肉のホルモンについては相当十分書かれている漫画です。

    スポンサード リンク

    食品
    nufufuをフォローする
    関連記事

    サイト内検索

    ぬふふ.com

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました