牛肉料理はステーキが最もスタンダートな調理方法。
基本的に熱して食べる事が主流で、
半生でも
外の面だけは火を通さないと菌の危険性が排除できない。
食中毒などを防止するためにも、菌は肉の内部にまで入らないために、表面だけでも熱処理する必要がある。

スポンサード リンク

主な調理方法

牛肉は一般的に消費されてる動物肉の中でも大型であることから、シンプルなものからこだわったものまで様々な方法で調理される。

  • 直接焼く⇒ステーキ
  • 骨付きのまま焼く⇒煮込みか素焼き
  • ミンチ⇒ハンバーグ等
  • 煮込み⇒カレーやシチューなどの具として
  • 薄切り⇒すき焼きや料理の具として
  • 味付け⇒各種野菜と合わせて調理

ステーキ

部位にもよりますが、牛肉の食べ方として最も印象が大きいのはステーキとしての食べ方だろう。
ロースとよばれる部分を用いることで、脂身と赤みのバランスが適度で肉質が柔らかいところを厳選して採用されるため価格も高価になる。
和牛などは、脂肪分を多くするように飼育されているため、更に高価な価格になる。
国産牛でも和牛の等級がついているものと、単に国産牛と呼ばれるものでは、飼育方法や基準がことなるのでここでは割愛。
和牛についてで説明しています。

【Amazon.co.jp限定】 特選松阪牛専門店やまと A5等級 黒毛和牛 ステーキ 100g 2枚
【Amazon.co.jp限定】 特選松阪牛専門店やまと A5等級 黒毛和牛 ステーキ 100g 2枚

煮込み

カレーやシチューなどの煮込みには牛肉の硬い部分を用いることが多い。
チャーシューなどにはモモ肉が用いられる事が多い。
低温加熱した牛肉を料理として出す事もある。この場合内面の色はピンク色のような色合いに仕上がる。
牛肉の各種部位の名称と調理例の向き不向き

すき焼き

江戸時代後半から明治にかけて
牛肉を食べる事が普通に知りいれられるようになって普及した食べ方。
薄くきった牛肉を醤油ベースのタレで他の野菜などの具と炊いて食べる料理。

牛丼

牛の薄い肉をタマネギや醤油・各種調味量と煮込んだ具をご飯にのせて食べる料理。
吉野家・すき家・まつ家など各種牛丼チェーン店の店舗数も多く、よく食べられる料理に該当する。
肉はオーストラリア産牛肉を採用している牛丼屋が多く価格が低いのも輸入牛であることがポイントになり、一時期狂牛病問題で牛丼がメニューから消えて豚飯などに変わったことも記憶にある人も多いはずだ。
吉野家の牛丼通販

焼肉

バラ肉や骨付き肉などをやいて食べる料理方法でステーキと異なるのは一枚の肉のサイズが小さいことがポイントだ。
タレ付けされた牛肉や肉そのものを網やフライパン・鉄板などでやいて食べる料理。
日本の焼肉と韓国の焼肉が異なる点は韓国では鋏を焼肉に普通に用いることだろう。
焼肉チャンピオンって?

プルコギ

プルコギは朝鮮料理の焼肉の一つ。
醤油が主体の甘口な味付けで野菜などと焼くか煮た料理です。
純粋な焼肉と異なるところは日本で言うすき焼きに近い料理に該当する所。
そのまま食べる以外にもサンチュで包んで食べる方法があるとされている。

試しにスーパーにて買ってみたのですが、玉ねぎもあわせて炒めて食べたのですが、味付け醤油ベースなのは理解できましたが、甘すぎで肉の味ころしすぎている感じ残念でした。すき焼きよりも甘さがシツコイ味付けだった。
もうちよっとあっさり目か辛め系の味付けのが個人的には好き。
人気の牛カルビ大盛り送料無料【通販】