牛肉について紹介する。
牛肉は肉用として飼育されたもの以外は肉質が硬かったり臭みがあったりで、おいしくないといわれている。
例えば乳用の牛肉なども店頭でみかけることはないが通販で購入できる。
ただし安いが肉の味としては良くない物が多い。

スポンサード リンク

牛肉の素晴らしさ

牛肉は凄い。牛肉のみならず最近の食生活では炭水化物が多すぎる。
これは2014年現在では、炭水化物の1日の摂取最低の量は0gとされていることにも関わらず、平均で日本人だと200g程度食べている。
こうなると糖尿病が増えるのは必然だ。
肉は牛肉・豚肉・魚肉など実に素晴らしいメリットがある。
このことは糖質制限の項目で触れるとしよう。
糖質制限とは、

牛肉の旬と栄養成分とカロリー・糖質など

牛肉

この記事では牛肉について紹介したい。

  • 和牛(日本産):ブランド牛に代表される霜降り肉が多い食用牛が主流。
    等級がついている牛肉でも部位によっては安い。
    ネット通販で格安で見られる国産牛肉は、乳牛の肉であることが度々。
    国産牛とかく場合の意味は和牛とは異なるので注意が必要。
  • 松阪牛の専門店 松阪牛.net

  • 国産牛は、日本で育てられた牛。
    元は、アメリカやオーストラリア産地の牛でも一定の時期から日本で飼育されると国産牛になる。

    国産牛は必ずしも日本で生まれた牛ではないということ。

  • アメリカ産:もっとも牛丼の肉として日本では大手チェーン店が使用している。他はファーストフード店等。ステーキ用の肉も存在する。
  • スーパーで購入したオーストラリア産牛肉
    オーストラリア産:オーストラリア産牛肉はマクドナルドのパテとして使われていることが有名。
    安価なステーキチェーン店などでもオーストラリア産の使用は多い。
    とにかくオーストラリア産は価格が安いことが強みだろう。
    ステーキ用の肉も最も安い価格帯ではあるが筋は固い。
    私的な感想としては、アメリカ産の方が柔らかい気がする。
  • 上記などが、日本のスーパーで販売されていることが多い。
    中にはニュージーランド産の牛肉もあるらしい。
    糖質制限で話題!高タンパク質で安心安全、ニュージーランド牧草飼育牛【Saito Farm】
    加工肉だと牛肉がメキシコ産のものを使用している事例もあった。
    EPA(オメガ3脂肪酸)が豊富な点も牛肉だけではないが、注目すべき点だろう。

    仙台名物の牛タンは、輸入牛!

    仙台名物としてよく挙げられる牛タンですが仙台で販売されている牛タンもオーストラリア産など海外からの輸入牛のタンとのこと。
    仙台名物牛タン焼きの専門店が輸入牛の牛タン高騰で苦境?
    仙台に行って牛タンで浮かれる人は結構幸せな人なのかもしれない。

    加工肉

    牛肉として売られている加工肉の種類

    1. 結着剤で繋げられた肉
    2. サイコロステーキのような全体が加工肉の肉。
    3. 油を注入された肉

    ジャーキーのような完全に加工された肉でなくとも、生身のままで販売されている牛肉が既に加工されていることも少なくない。
    ただし肉の元がどういう品質の物なのか?
    どういう添加物が使われているかなど
    正し認識できない限りは食べ過ぎることは好ましくない。
    しかしながら外食のレストランなどでは多様されているのが現実だ。
    柔らか牛肉などと謳われている表示には注意すべきだろう。