ローソンの惣菜はマズイのが多かったため避けていたのですが、なんとなく鶏の唐揚げ(鶏からしょうゆ)を食べてみたら以外事においしかった。

ローソンの鶏からしょうゆの写真
ローソンの鶏からしょうゆの写真

この商品、味が実に凄い。
オリジンとかほっともっとの唐揚げ食べたい気が起きないくらいのローソンの鶏からしょうゆ。
ポイントとしては、衣は片栗粉(naverまとめに記載されているが公式には情報が無い)らしいそして薄い。
唐揚げ食べて衣が厚いと言う事がないので外れが無い。

スポンサード リンク

  • 味良し
  • 衣薄い
  • 肉の量に対してコスパ最強
  • デメリットは店頭に無いことが多い位でしょうか。(店員のさじ加減で無い事がある)

ローソンが鶏からを本気で売り出していけば、たぶんマクドナルドのチキン商品なんざ誰も買わなくなると思うしローソン繁盛すると思うのだが・・・・(ちなみに当方はケンタッキーは苦手です。過去に数える程度食ったときの印象がウマクナイ+価格は味に対して高い印象しかないので。)

鶏からしょうゆの動画

動画

ローソンの鶏からしょうゆの感想

カリカリしている点は冷めてもそのまま食ってもおいしい味。
これを今まで買っていなかったことが損した気分になる。
値段もお得。1個本体価格43円:税込46円という価格なので個数あたりの価格も安い。
ほっともっとのチキンバスケットとかだと10個いりの価格を割っても、1個あたり65円くらいの価格。
ほっともっとのチキンは冷めて再加熱してもまずいのが特徴だったりする。
オリジンのは揚げたてじゃないとマズイので比較は、割愛。(オリジンの作りおきの唐揚げが不味いのは何年たっても向上しないので期待していないあの会社に対して。。。)
チェーン店の弁当屋の唐揚げは品質は一定なものの、突出して旨い安いことがないのですがローソンの鶏から醤油は安定してウマイ。

鶏からしょうゆの栄養成分など。

1個あたりのカロリーは、90kcal
アレルギー成分表示は、『小麦』、その他「大豆・鶏肉・りんご」を含む
ちなみに『鶏から塩にんにく』だと84kcalと少し低い

炭水化物量が不明なのが難。
衣は普通の唐揚げよりも薄いのでその他の唐揚げと比較しても少ない期待はする。
ただし黄金チキンなどの方が体積的には少ないのではとも考えられる。

公式ページ

鶏肉を鶏がらスープに漬け込み3段仕込みで仕上げることで、鶏の旨みと風味の良さにこだわった鶏からあげです。

鶏からしょうゆhttp://www.lawson.co.jp/recommend/friedfoods/okazu/000219/

ローソンの鶏からしょうゆは、買っても損しないクオリティー。
むしろコンビニで購入できる味としは旨い。

とりからにんにくも食べてみましたが、ほんのりにんにくの風味で、味も普通においしい。
価格は同じ。
鶏から塩にんにく本体価格43円(税込46円) とのこと。

鶏の唐揚げ通販

アマゾンで『鶏の唐揚げ』検索する。

楽天市場で『鶏の唐揚げ』検索する。

その後

とり唐醤油をリリースした直後は良かった。
しかし2016年、2017年、2018年と年月を重ねるごとにとり唐醤油の味は劣化した。
「塩」だけでなくタレ付きや、レモンなど多数の味を展開するに至って元のとり唐のクオリティーまでも下がってしまった。
これでは元のダメダメなローソンの総菜シリーズに戻ってしまったといえる。
黄金チキンも骨付き肉だったり骨なし肉だったりと規格がコロコロと変わるので利用しにくい。
店舗に無いことも多くローソンの唐揚げ商品は実に利用しにくい。
とり唐は販売直後はとても好感だったのですがやはり既存店舗はなぁなぁで運用されているのだろうとしか思えない。
コンビニで飲食提供することは難易度が高いと言える。
元々ローソンとファミマはワーストにランクインする程度に品質のクオリティーには疑念が強いのに唐揚げですらこの状態だと信頼性は低い。
セブンイレブンですら唐揚げ類はハズレが多いので。
コンビニのホットスナック・総菜は、まだまだ不健康食品のレベルだろう。

お勧めの記事


イヌリンとHMB


プレミアム酵母