咖喱 カリーうどん|サッポロ一番 カップスター

スポンサード リンク

咖喱(カリー)うどん|サッポロ一番 カップスター

咖喱(カリー)うどん

咖喱(カリー)うどん

サッポロ一番 カップスターの縦型容器の即席めん「カリー(咖喱)うどん」
年末位にドラッグストアのウエルシアで108円で購入した物。

咖喱表記(カリー)以外にも通販サイトには、「カップスター カレーうどん」も有ったりするのですが違いはパッと見で表示以外には判別できない。
が違う事は最大の違いではあるんですけどね。
公式サイトのページは「カリーうどん」という記載でした。
アマゾンなど通販サイトの表記は点でバラバラ。

通常のカップスター カレーうどんはこんなパッケージです。↓


サッポロ一番 カップスター カレーうどん

カップスター醤油|サンヨー食品のカップラーメン

スポンサード リンク

動画

食べ方

調理方法

調理は熱湯目安310mlで、注いで3分。

食べた感想

完成

スープ
カレースープのスパイスの香りは強めで、粘度はほぼないカレースープ。
うどんは、即席めんらしい若干幅広なうどん。(横型のカップうどんよりは細め)
具は油揚げあおねぎニンジンなど細かい物。肉っぽい物も微量。具が全部小さいカットなんだよな。
香りの強いカレーに小さすぎる油揚げが、存在的にイマイチあってない。
肉そぼろは終盤に食べれた程度で、うどんとの絡みがイマイチ。全体的に具が細かいことで存在として際立っていない。

味に関してカップスター咖喱うどんは、香りはとがっているけど「うどん」と「具」と「スープ」でちぐはぐ。
カップヌードルのカレーの方が、カレー味の即席めんだと無難で良いかなという感じが残ってしまう。

各メーカーの中で数あるカップうどんの中であえてこの「カップスター咖喱 カリーうどん」を食べたくなる味とまでは言えなかった。
カップスターは醤油だけが、裏切られることなく無難な感じ。

上蓋のデザイン

栄養成分表示

栄養成分表示

標準成分表:1食(82g)あたり

栄養素内容量
エネルギー366kcal
たんぱく質6.6g
脂質14.9g
炭水化物51.3g
食塩相当量(全体)4.7g
食塩相当量(めん・かやく)1.5g
食塩相当量(スープ)3.2g
ビタミンB10.35mg
ビタミンB20.60mg
カルシウム194mg

炭水化物51.3gとわりと低めですが、たんぱく質まで6.6gと低い。
たんぱく質6.6gは、1食分としてかなり少ない。まだ豚骨系のカップラーメンの方がたんぱく質は多いのも残念。カレーってたんぱく質含有量結構少ないことが多い。

原材料名

原材料表示

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、でん粉、食塩)、スープ(糖類、香辛料、でん粉、食塩、粉末ポテト、しょうゆ、魚介エキス、牛脂、たん白加水分解物、ビーフエキス、昆布エキス、さば節粉末)、かやく(鶏・豚味付肉そぼろ、味付油揚げ、ねぎ、人参)/調味料(アミノ酸等)、炭酸カルシウム、トレハロース、リン酸塩(Na)、カラメル色素、レシチン、酸化防止剤(ビタミンE)、ビタミンB2、酸味料、ビタミンB1、(一部に小麦・卵・乳成分・牛肉・さば・大豆・鶏肉・豚肉を含む)

公式サイト

サッポロ一番 カップスター カリーうどん | サンヨー食品

肉そぼろのうまみと和風だしが特徴的なカップスターカリーうどんです。
表面につるみがあり、もっちりとした食べごたえのある太めんです。
香りや辛みにこだわったカレーパウダーに、ビーフのうまみとコクを合わせました。魚介エキス、昆布エキスを中心とした和風だしが特徴的なカレーうどんつゆです。
肉そぼろ、味付油揚げ、ねぎ、人参の組み合わせです。

https://www.sanyofoods.co.jp/products/5936/

通販


サッポロ一番 カップスター カレーうどん 84g

Amazonで『サッポロ一番 カップスター』検索する。

楽天市場で『サッポロ一番 カップスター』検索する。

コメント

タイトルとURLをコピーしました