カレーは栄養バランスがとれた料理ですが毎日同じ味のカレーだと飽きてしまうものです。
ちょっとした違いを付けることで普段のカレーとは異なった一面を追加することができる隠し味のランキングを紹介します。
curry-4

カレーの隠し味ランキング

野菜カレー
野菜カレー

要点としてカレーの隠し味は複数の物を入れすぎない事。
リンゴと蜂蜜のような組み合わせだけなら良いのですが、ここにコーヒーやバターなどを加えると味が壊れます。
美味いカレーが出来ない場合は、野菜と肉とルーだけでシンプルに作る原点回帰も重要です。

カレーの隠し味は、カレールーを入れる前に「隠し味」を加えたほうが全体の味が崩れにくくなります。
反対にカレールーの後に入れてしまうと「カレーの味」が壊れやすくなり失敗する確率が高くなります。

カレーの隠し味ランキング

  1. ソース

    お好みソース

    オイスターソースやウスターソースなど 又はとんかつソース

    カレーが出来上がった後に好みで追加して足しても良いですし
    調理中に追加して食べるのも有り。

  2. トマトやケチャップ

    トマトケチャップ 200px

    トマトかトマトケチャップはカレーと相性が良い
    トマトケチャップは、うま味成分がたっぷり入っている為、カレールーに足すことで簡単にうま味が増します。
    料理中に追加する場合はトマトを丸ごと入れたり、トマトの缶詰を入れる事でもケチャップと同様の効果が得られます。

  3. ハチミツ

    蜂蜜

    蜂蜜の甘味を加えることにより、甘口カレーが作れる。辛さの調節に適切な食材。

  4. 果物

    リンゴ

    フルーツを入れることでもカレーは美味しくなります。
    酸味や甘味の増加に効果的。果物等
    カレーに入れる果物といえば林檎が代表的です。
    これは商品名にハウスバーモンドカレーが、りんごと蜂蜜をセットにして販売したこども広く認識されています。

  5. コーヒー

    コーヒー粉末イメージ

    コーヒー。レトルトコーヒーの粉末が一般的。ドリップコーヒーを濃いめに抽出して足すことも。ドリンクとしてカレーと一緒にコーヒーを飲むことでも適している。
    元のネタとしてはアメリカバーモント州のリンゴと蜂蜜を食べる民間療法のバーモント療法に由来している。
    他にジャワカレーは、ジャワ島の名前が由来

  6. チョコレート(カカオ)ココアなど

    ほぼ無糖のチョコレート類が健康的にはそうそう状効果が高く、ワインなどにも含まれるポリフェノールの効果も期待できるので良。

  7. 項目名などが入ります

  8. 脂(あぶら)

    牛脂の写真

    肉類を加熱する際や、キーマカレーの肉などを炒めるときに「豚の背脂」や「牛脂」、鶏皮でとったチーユなどを先にひくと良い。
    豚肉の脂や牛脂を足すことでも独特の味が増す。

  9. 焼肉のタレ。

    焼肉のタレにはニンニクなどの香味野菜やゴマなどが含まれているものが多く味付けには適している。

    上牛肉カルビ
    上牛肉カルビ
  10. 調味料

    めんつゆ

    その他 各種、調味料

    天つゆや麺つゆなどをルーを入れる前に追加する事もお勧めです。
    食べている時に醤油を入れても良いです。

カレーの保存方法

調理前の工夫

野菜はバターで炒める。
玉ねぎはみじん切りする
シーフードカレーなら煮込むときに煮干しやかつお節の出汁も良い。

調理中の工夫

カレーを煮込んでいる時の味追加の工夫
白味噌を加えたり
福神漬けの汁をカレーに入れたり、

アマゾンで『カレー』検索する。


世界一やさしいスパイスカレー教室 スパイスカレーのしくみがよくわかる