デリめん まぜそばジャパンの、まぜそば【醤油だれ】:中盛(麺200g)

パック開封前

もともとつけめんと同様に苦手なジャンルの汁なし麺である「まぜそば」
腹が減っていたので「まぜそばデリメンジャパン」にて宅配で注文してみた。

  • 食べた感想としてはタレの味は普通に食べれる味
  • 麺が残念。
  • 具の内容が価格と比較するとちょっと物足りない。というか価格に釣り合わない程度に具がスカスカ。

デリバリーとしてのメリットは有っても、「まぜそば」としての魅力は少ないかなという内容でした。
ラーメン屋店舗まで足を運んだ方が美味しい+お得なメニューは有る。
ただデリめんジャパンは宅配してくれるのがメリットという程度。
味は悪くはない。(うまいわけでもない。)

スポンサード リンク

動画

食べておえてから気づいたこと
箸が無いと思ったら領収書の袋に入っていたorz
ちなみに中盛(麺200g) 972(円)
具の内容はローストポーク2枚を選択と、葱を選択。
もやしはデフォルトの様。
宅配料金は別に250円。
合計1222円。
※合計金額が2000円以上で配達料(250円)が無料!とのこと。

食べた感想

まぜそばデリめんジャパンのまぜそば
タレをかけた図

麺が柔すぎる
醤油ダレ まぜそばデリめんジャパンのまぜそば
醤油タレの味は良い、胡椒も適度。
具が少なすぎる
葱やもやしローストポークはいいけどこれで900円程度の価格となると疑問視。
汁なしのメニューで、この具で、この価格だとちょっと頻繁に利用したくはない。
麺も残念
完食したけども麺が残念だなぁ。熱通り過ぎだ。
具のオプションを増しにすると高くなること考えると麺量150gで具増しの方がコスパはいいのかなと感じた。
店内で食べるならまだしも
デリバリーだと麺固めじゃないと苦手かなという印象もぬぐえない。
ローストポークも熱が通りすぎていたし、麺の余熱によるものかわからないが残念度はぬぐえない。
ビーフだった方が、よかったのか?(ローストビーフ1枚とローストポーク2枚の選択肢も間違えてポークチョイスしていた…※ビーフ選んだつもりだった。)

まぜそばデリめんジャパンのまぜそば
出来上がり図

デリめん まぜそばジャパンは二度と利用したいとは思えないボリュームだなという出来。
配送有料なのに、品もこれだとちょっと二度目の利用は無理だ。
デリバリーの食事なら他を選択する。

注意点

食べ方は箸・領収書が入っている紙に掲載されていた。
具は取り出して先にタレと麺を混ぜたあとに具をのせるようだ。

『まぜそばデリめんジャパン』のまぜそばの説明書
まぜそばの食べ方説明書き

まぜそばデリめんジャパンのパンフレット
パンフレット?
出前


宅配は、墨田区近郊(一部エリア) 割とバイクで走っているのを見かけることは有る。
他に、店舗でイートインも可能。

公式サイト
デリめん まぜそばジャパン トップページ
http://deli-men.com/

ちなみにテイクアウト価格の方が100円程度安いようだ。

結論
  • 味は並みに食べれる味品質
  • 麺が少しやわめに感じた。
  • 価格から考えると具のボリュームが物足りない。
  • 宅配してくれるメリットは有るものの、送料考えると、商品価格とのバランスで高い感じもする。
    2000円以上の購入だと送料無料でも単身者には不向きかな。
    テイクアウト価格が-100円の価格と比較すると、送料250円の意味合いが不均衡に感じるのも難点。
    送料(宅配料)という名目が崩壊している感じもする。
    味は良いのでもう少し麺固めで、デフォルトの具の種類が増えていれば、再利用は考えたい。
    もしくはイートインで食べるか、テイクアウトで近くの公園などで食べるなどした方が、適度なのかも知れない。

    閉店のお知らせ


    2017年7月31日で閉店とのこと。
    一度しか利用することが出来なかった。

    不成功のポイント

    デリめん まぜそばジャパンの「まぜそば」そのものの味は悪くなかったのに何がいけなかったのか考えてみる。

      価格帯

    • 一般的なまぜそばと比較しても具の容量に対して価格が高め。
    • まぜそばというジャンルの割りに具が貧相過ぎたこと。その割に金額は高い。
    • サイゼリアなどと比較してもデリメンの価格は高い。
    • ジャンル

    • ラーメンたべるよりもまぜそばを食べる人が少ないこと。
    • うどんチェーン店などだと同価格では具沢山にできることからコスパが悪い。
    • スパゲティーなどは冷凍食品でも良いものが多い中宅配まぜそばが挑むには手厳しい粉もの事情がある。冷凍ラーメンも割とおいしいし安い

    正直まぜそばでこの具のボリュームだと『高い』というイメージはあった。
    宅配料もネックで1人暮らしで利用するには宅配代金がネックになるため利用しにくいことが大きかった。

    地理

    墨田区という事もネックになったのかもしれない。
    大学が無いエリアということ。
    これは客としてもそうですがアルバイトという点でもネックになる。
    まぜそばのような濃い味付けは若い世代でないとそもそも受けがよさそうでもないのに高齢者が多い墨田区では商圏として弱いだろう。
    錦糸町やスカイツリーに行く旅行客がまぜそば食べるとは想像しにくいので、狙うべきターゲットがそもそもいたのかが疑問視してしまう。