米と玉子が原料の焼き飯とチャーハンですが、
どちらも具のバリエーションは様々ですので異なる点が分かりますか?
焼き飯とチャーハンの違いについて紹介します?

スポンサード リンク

有力な説

チャーハンの写真

  • チャーハンは先に玉子を入れる
  • 焼き飯はご飯を先にフライパンにいれる。玉子が後。
  • ご飯か玉子か入れる手順の違いです。

    レシピの違い

    元々冷めたご飯を鉄板で加熱して食べるようになった「焼き飯」
    中華料理としての『チャーハン』では、レシピの生い立ちが異なるといったところでしょうか。
    関西を起源とした「焼き飯」には「そば飯」なども存在します。
    正し料理として、どこかの協会などが認定しているような明確な線引きがあるわけでないので焼き飯とチャーハンの差は混同している事例を多くみかけます。
    検索エンジンですら

    「焼き飯の作り方」のGoogle検索結果
    「焼き飯の作り方」のGoogle検索結果

    焼き飯の作り方で検索したところ、1位に表示されているものがチャーハンの作り方でしたので。

    焼き飯のレシピ手順

    1. 油を敷いたフライパン(もしくは鉄板)を加熱する。
    2. ご飯をフライパンに入れる。
    3. ご飯を全体に火が通るように混ぜつつ
    4. 溶いた玉子を入れる
    5. 刻んだ具を入れる。
    6. ひたすら混ぜつつ加熱。

    具に火がとおりににくい食材があれば、ご飯より先に加熱しても良い。


    チャーハン

    チャーハーンのレシピ手順

    逆にチャーハンだと、
    玉子とご飯の作用でご飯をパラパラにしているため
    中華鍋(鉄製)で
    家庭では出ない強火の火力で、溶いた玉子⇒ご飯⇒刻んだ具 という手順は
    前後が代わる事がないため、手順も手際もてきぱきしないとおいしく作れない料理だ。

    家庭で作る『チャーハンレシピ』などは大抵焼き飯に近い気がする。