外食の記事

外食は自炊ではなく外のお店などで飲食することです。
コンビニなどで惣菜だけかってきて自宅で食べる方法は中食といいます。

日本の外食

外食に関してはファミリーレストランや牛丼チェーン店、ラーメン店、うどんや蕎麦屋、中華料理店、すし屋、大衆食堂など様々な店舗が存在していますので駅の近隣であれば外食するところには殆ど困る事はないのが特徴としてあります。
最近では外食に対する『中食』と呼ばれる食べ物は外のコンビニなどで弁当だけでなく惣菜やサラダなどを購入して自宅で食べるスタイルも増えてきている為高齢化社会も有り過渡期になってきている面が存在します。
労働人口の減少などから飲食店で働く人の人材不足が存在する面もあり、問題は根深い事があります。

外食の価格

最近では中食という言葉が増えているように、自宅で惣菜などを食べる市場が活気付いてきている。
外食だと価格がどうしても高くなる傾向が強いからだ。
惣菜や出来合いの品を複数購入して自宅で食べる事で、出費を抑える事は、長引いたデフレや、少子化・晩婚化・高齢化など様々な要因があり追い風になっているのが今の日本の実態だろう。
うどんは安いことが売りなのか外食チェーン店が幅広く展開している他立ち食いそばなども意外と豊富に町中に存在している。
同じ麺料理であるラーメンよりも定期的に食べる客層が多いのか?意外と定着している印象が大きい。

外食のリスク

外食は何かと健康に悪いというイメージが大きい。
その理由として『保存料』『食品添加物』『化学調味料』などがあげられる。
近年ではトランス脂肪酸の低減を謳ったメーカー努力も見受けられる。
ここの危険性やリスクについてはここでは割愛するが、自宅で健康な食材を使って調理するニーズがあることも一面としては存在している。

外食の変か

近年ではファミリーレストラン(通称ファミレス)の利用が若年層には激減しているらしい。一方ではスマーフォンの普及やLINEなどに代表されるメッセンジャーサービスでコミュニケーションの違いによるライフスタイルの変化も一因と想定されている。
ただし片方ではすき家などの格安のチェーン店では若者などは多く見かけたり長い出来るマクドナルド等は割と若年層を見かける。
若年層を手に入れるか高齢者層をターゲットにするかでも舵は大きくぶれる気がする近代の外食事情でした。

ローストビーフで成形肉を「ブロック肉」と表示した日本マクドナルド=景表法違反でマックに措置命令―消費者庁

外食 食品
東京ローストビーフバーガー等の広告表現に対する措置命令に関するお詫びとお知らせ

成形肉を「ブロック肉」と表示した日本マクドナルド 景表法違反でマックに措置命令―消費者庁 というニュースが出ていたが、 マクドナルドって数年前の騒動以降まったく反省していないんだなと見て取れる。

ページの先頭へ