アメリカマクドナルドが、約50%を保有している
『日本マクドナルド』の株式の一部売却を検討は
2015年12月22日に、分かった出来事だ。
今後誰が株式保有するかでも日本マクドナルドの方向性は変わると思いますが、
その後の流れ。

スポンサード リンク


ひとまずマクドナルドを利用しないことを推奨する。

進むマック離れ、戦略転換 米本社も不振 日本HD株、売却検討

朝日新聞デジタル 12月23日(水)5時30分配信

 外食3位の日本マクドナルドホールディングス(HD)の筆頭株主、米マクドナルドが株を大量に売り、筆頭株主から降りる可能性が出てきた。マクドナルドは日米両国で業績不振に直面し、戦略転換を迫られていることが背景にある。

元々店舗の撤退などが報道されていたので今更なアメリカマクドナルドが逃げの一手でも不思議ではない。
中国産の期限切れ鶏肉使用したナゲットの問題。
このときには日本と中国でマクドナルド離れが加速したと。

社内外で高まるカサノバ氏の責任論 マック早期再建「小手先の改革では無理」

SankeiBiz 12月23日(水)8時15分配信

 出資関係が見直されれば、サラ・カサノバ社長の進退問題が浮上しそうだ。カサノバ氏は米本社の意向で、13年8月末の就任以来、新メニューの投入などで顧客ニーズの多様化を進めているが、結果が出ていない。大手外食チェーン幹部が「マックの低迷を招いた張本人」と述べるなど、社内外で責任論が高まっている。

中国産チキンの発覚後ファミリーマートは返金対応していたのに、日本マクドナルドは、「返金対応するつもりはない」とだけ発表し肉が日本で使われている証拠が出てくれば対応すると言ってその後特段発表はなかった気がする。

  • 2015年1月に多発して報道された日本マクドナルドの異物混入問題
  • 日本マクドナルドのクーポン券が酷い値引き額wwwまずこのクーポンってあり得ない割引価格だろう。
    こんなのスマホ開いて提示する人がいるとも思えない。
  • マクドナルド上場以来最大の赤字と131店舗閉店これも閉店したテナントに他のバーガーチェーン店などが入るニュースがあったので、マクドナルドは敵に塩を送っているとしか思えない。まぁここまで自身を窮地に追い込んだのも日本マクドナルドの前社長と現在の金髪社長なわけですが。
  • 今年だけでも、こういうことしていたらそりゃぁ、離れた客は一層日本マクドナルドを利用しなくなります。
    それにしても今年のラインナップで出ていた期間限定バーガーのメニューにも一切画期的な物も無かった。
    本気で改善させる気がないようにしか思えない。
    普通にモスバーガー「他バーガー店で良っか」となる。
    最近は、他の海外バーガーチェーン店やコーヒー店なども日本で初開店してきている飲食店も多いので、今の日本マクドナルドが右肩下がりなところにどんどん、他飲食店は元気になっているようでいい感じだと思うのですが。
    日本マクドナルドはブラックな噂が色々と耐えないので、普通に考えても消えてもらっても構わない品質だと思う。
    と思いつつも1ヶ月前にはポテトを食べていたりするのでした。トランス脂肪酸使われていますが・・・。
    それにしても今回のポテトの劣化も凄かった。
    2回前に食べときはそれなりの味だったのに今回は酷かった。
    油交換していない説とかポテトの芋に関連する疑惑も色々と尽きないので日本マクドナルドで安心して食べれるという気持ちには到底なれない。

    絶対許さない日本マクドナルド
  • 絶対許さないと思う日本マクドナルドへの理由づけとして、韓国産キャベツをどこの店舗で使っているのか答えないと答えなかったり一方的に終了した あいつらは許さない。
  • 日本マクドナルドのコールセンターの若い女性が電話で逆切れした態度の口調で喋った事も絶対に許せない。
  • マクドナルドでセットメニューを食って下痢になったときは、店舗責任者は、医者にいって因果関係を証明してからクレームつけてくれという対応だった。(客ばかにしすぎ。潰れてほしい。)
  • 韓国産のキムチを使っているすき家以上に腹立たしい姿勢の、日本マクドナルドを利用する日本人は頭が飛んでいるとしか思えない。
    マクドナルドを利用するなと言うことは日本マクドナルドが全力でPRしていると思う。
    むしろ日本人馬鹿にされすぎている気がする。
    売り上げ市場主義のために残飯食わされていた日本人はちょっとは目をさませと思う。(アメリカの調査結果でアメリカマクドナルドのナゲットの成分は肉では無い屑の身が5割と出ていますし)

    足掻く姿も醜い日本マクドナルド

    日本マクドナルドは、ママズ・アイ・テーブル最終回 とか詐欺的な虚くさいコンテンツ作っているが今なお、トランス脂肪酸使った揚げ物を客にだしているのだろう?
    こいつらに健康とか安全を担保する姿勢がかけらもないし、その上で発信だけは心がける姿勢が腹立たしい。
    欺いてでも利益の為に売り上げを持ち直そうと努力する姿勢は本当醜い。
    良い物を作って売ろうとする姿勢は欠片も無い会社が日本マクドナルドだ。
    あれこそただのゴミコンテンツの量産であり、
    カサノバの退陣でも捧げたほうが、まだ日本マクドナルドに良い方向性だと思う。


    I/51%2Bq%2B5x9T2L._SL500_.jpg” alt=”激安食品の落とし穴 (角川学芸出版単行本)” align=”right” border=”0″ />

    激安食品の落とし穴 (角川学芸出版単行本)

    298円の弁当、3パック57円の納豆……。
    なぜ、安い価格で食べ物が提供できるのか?
    そこには、第一次産業からの買いたたき、水増し、添加物による代替など、日本の食文化を脅かす「罠」が隠されていた――。

  • 著者: 山本 謙治
  • 出版社: KADOKAWA / 角川学芸出版
  • 発行日:2015-10-25
  • 激安食品の落とし穴 (角川学芸出版単行本)