マクドナルドを最近食べたいと思わなくなってきた。
10年以上前にはマクドナルドのバーガー類やバリューセットをそれなりに食べていた。むしろ毎日でも食っていたような記憶すらある。
最近はめっきり食べなくなった。
高い、不味い、不安といった要素が根本にある。

スポンサード リンク

日本マクドナルドに対する不信感

http://www.mcdonalds.co.jp/
http://www.mcdonalds.co.jp/

マクドナルド自体は昔から、色々と都市伝説的なものは耐えないが、インターネットが当たり前になると、色々と難点しか出てこない。海外のマクドナルドの危険な事情すら露見したりするので、その品質に疑問視を当てられることで、年々企業イメージが低下している代表的な事例とも言えるのでは無いだろうか?

  • 10年位前には、ハンバーガーが平日65円だったものが、2014年現在は120円。
  • バリューセットの価格も年々あがっていて、例えば期間限定になったチキンタツタのセットの価格もさりげなくここ数年上昇している。その他の単発メニューで1000円バーガーなどを販売していたようだが、ターゲット層も迷走しているのとしか思えない。

  • 2013年1月に発生したマクドナルドの中国産チキンの疑惑
  • 同様に中国産チキンで問題視されたケンタッキーは該当養鶏場との取引停止を打ち出していたが、反対にマクドナルドは初動から間違えた対応をとった。当初はその養鶏場のチキンは使っていないという発表だったが、一部メディアにはそこの養鶏場を運営している会社との取引があることは認めていた。その後、公式見解をホームページに掲載したは2013年4月であり発表まで3ヶ月程日数を掛けていた。結局の公式の発表内容からも安心して食べれると判断するには遠い内容だったので、普通に今までどおり食べれるかというと無理がある。それでも直後に立て続けに、ドヤ顔でチキン製品を連発していた日本マクドナルドへの不安は尽きない。

  • 2013年中盤に出てきたマックナゲットの肉の疑惑
  • アメリカ発のソースだったと思うが、マクドナルドが製品の加工方法が国ごとに違うとは思えないので日本のマクドナルドのマックナゲットの成分も怖い不安要素はぬぐえない。これに対しても反論的な記事は見かけないので真相は謎のままだ。
    普通は品質に疑問をかけられてその疑問を払拭させることをいえない食品は食べたくない。

    美味しいとは思えないバーガー類

    肉を盛るか、変わった味付けの期間限定メニューをぽつぽつだしてくるだけで、基本的に味が飛びぬけて美味しいものは無い。チキンタツタですら肉のサイズが小さくなったり薄くなったように感じたり月見バーガーも玉子を使ったメニューがチラホラ出てきたりで利用頻度は下がる、定番の期間限定メニューも劣化している印象を受ける。1000円バーガーのような誰が考えても普通に利用することは無いネタは今後も出てこないとは思うが、基本のバーガー類も味は『美味しくは無い』ことがあげられるだろう。

  • 照り焼きバーガーは、照り焼き味なバーガーで、他のバーガー店のがまだまし
  • フィレオフィッシュは、白身のフライをパンで挟んでタルタルソースを入れただけ。
  • ビックマックは盛りあわせてキャベツ+なバーガー&食べにくい
  • ひとまず基本メニューの味に特色がない上に100円バーガーですら無くなったハンバーガー。バリューセットも価格は年々高騰しているのだから必然と客足は離れるだろう。

    食べにくいバーガー類

    マクドナルドの300円以上のフィレオフィッシュ以外のバーガー類は食べにくい。わざと食べにくくしているのだから利用頻度は下がるのは理に適っている。

    他のハンバーガー店って通常は四角い袋に入っているので食べやすいのだがマクドナルドのバーガー類はハンバーガーやフィレオフィッシュ以外のバーガー類は食べにくい。分厚い盛り付けのバーガーをわざと箱のなかにしまっているのが意味が分からなかった。
    動画を見ていて思ったのが流れ作業で調理優先だから箱型のケースに入っているのか。道理で食べにくいケースにハンバーガーが入っているわけだ。外観優先なのかとも一度考えたが、普通にパンの中に肉が埋まっていたり飛び出したチーズは箱にこびりついていたりで、食べやすいとは到底いえないケース梱包。

    この点からもマクドナルドが店内の調理コストだけを優先して、消費者を見ていない事は歴然としている。若い学生から社会人ならなんとか食べれるかも知れないが、片手間に食うには無理である。子供や高齢者にも無理だろう。高いバーガーを消費してもらおうという姿勢は無いのだから、味も食べ易さという点でも、客離れが起きても理に適っている気がする。

    普通に考えたらどのバーガーもラップ形式で包んだほうが食べやすいので利用頻度は増えるだろうとただ思う。同じ価格水準ならマクドナルド以外の他のバーガー店を利用する。

    日本マクドナルドは価格は上げてもサービスの質は悪いまま。

    吉野家の牛丼が並盛りで280円だ。マクドナルドの原料の生産地の不安もあるし価格は高いので必然とマクドナルドの利用頻度は減る。
    唯一アイスコーヒーだけは利用してはいるが、それですらミルクやガムシロップの入れ忘れやテイクアウトで持ち帰ってくると、フタが外れて中身がこぼれていたりすることがあるので、マクドナルドを利用したくなくなる。あと最近のアイスコーヒーは味の劣化が酷い。日によってもことなるが薄い+不味いと感じることが度々ある。

    日本マクドナルドの対応

    問い合わせをフォームから送るといつも定型分の回答ばかりだ。改善されることは殆どない。
    カスタマーセンターにクレーム入れると、キツイ感じの女性が強気に対応してくるので更に腹が立つ。
    日本マクドナルドの売り上げが低迷しているらしいが、明らかにわざとやっているようにしか感じられない会社にしか思えない。

    普通に考えたら、マクドナルドのセットの価格がモスバーガーと同一価格帯になったらマクドナルドを利用する価値は無いと思うのだが。