2014年7月の中国産鶏肉の使いまわし問題発覚の後8月の客入りは芳しくなかったようで-何%という数字が出ていたが
ここにきて日本マクドナルドは更に迷走を加速させている。黒いハンバーガーを出したりと、うちは真っ黒なんですとでも開き直りか?すら感じる・・・。

マクドナルドで『イカスミバーガー』発売! ハロウィンはこれで決まり

あのファーストフード店マクドナルドにてイカスミバーガー発売されるかもしれない。都内の一部店舗で実験的に実際に販売されておりそれが話題となっている。

http://news.livedoor.com/article/detail/9296358/

見た目がグロい⇒食品文化の価値観が不明瞭。⇒誰が食べたいと思うのか?

例えば中国産チキンで、消費期限切れの肉を使いまわしていたことだったり、チキンタツタの販売でも韓国産のキャベツを使用していたりと、クリーンなイメージが日本マクドナルドには存在していない。

タイミングが悪すぎる

そもそもイメージとして、今まで安心安全を謳っていたマクドナルドが、実際は品質管理がまともにできていないことから『ブラック』だったことが判明したあとに黒いパンのハンバーガーを販売するのは無理があるだろう。誇大広告にしか見えない商品写真と実物のへなくちゃさなどでも、マクドナルドのクオリティーの低さはゲンナリするのにこれで黒いパンズのバーガーをマクドナルドが販売しても客が飛びつく要素はゼロにしか思えない。
これがモスバーガーだっり、他のハンバーガーチェーン店だったら受け取られ方はことなるだろうが。
せめてもうちょっと気を利かせた期間限定メニューなどを販売しないと、日本マクドナルドは沈没するとしか考えられない。

日本マクドナルドの店のサービスの質

最近アイスコーヒーだけ、マクドナルドを利用しつづけていたものの、コーヒーの紙で出来たスタンドが1個だと付いていないのでこぼれる。まぁマクドナルドの手抜き率は結構高いしテイクアウとの客のことなんざ、紙スタンドつけない程度にはコストとことん削る会社なんだなと思っている。紙のスタンドつけないなら、せめてアイスコーヒーの容器くらい倒れにくい形にしろと思う。
商品としてもマクドナルドのアイスコーヒーはオイシイというものではないが、持ち帰りのときの袋とか梱包で不手際が多かったり難が多いのも店舗単位で見た場合のマクドナルドの特徴とも言える。
あと変な客に対する店員の態度とかでも男性店員がおもむろに面倒くさそうな対応しているのを見かけたりしたときは色々と残ね感がつよかった。賃金が安い飲食店だと所詮この程度の品質ということなのだろうなと伺わせてしまうが、元々低価格路線で店舗拡大してきたマクドナルドはすき家と同類なのだろう。
忘れてはならないことがある。

それは2014年7月に発覚した中国産チキンの問題でマクドナルドは自分の店で販売している原料を正しく管理・把握できていないかったという事実。
たとえこれが中国産チキンを止めたからといっても現在ではアップルパイなどは中国産の原料が使われている。今のシステムのMcDonald’sであれば仕入れ先を変えたところで再発を防ぐことは到底不可能だと感じる。

イカスミの通販


I/41cdaeTHlZL._SL500_.jpg” alt=”イカスミパウダー 200g” border=”0″ />

イカスミパウダー 200g

  • メーカー: 山本産業有限会社NKS
  • 出版社: 山本産業有限会社NKS
  • イカスミパウダー 200g


    I/512-RluKaGL._SL200_.jpg” alt=”イカスミ塩40g  イカスミパウダー 50g  侵略!イカ娘セット” align=”right” border=”0″ />

    イカスミ塩40g  イカスミパウダー 50g  侵略!イカ娘セット

  • メーカー: 山本産業㈲   熊石深層水㈱
  • イカスミ塩40g  イカスミパウダー 50g  侵略!イカ娘セット