乳化剤は危険?
というか肥満の元になる可能性がネイチャーで発表されたとのこと。
乳化剤以外に人口甘味料にも同様の危険性があるらしい。

スポンサード リンク

参考

  • ネイチャー誌が警告、食品の乳化剤が腸炎とメタボ招く、ここでも腸内細菌の影響を確認
    20世紀の遺産と病気と科学 西川伸一 THE CLUB https://www.mededge.jp/b/heal/9594
  • Dietary emulsifiers impact the mouse gut microbiota promoting colitis and metabolic syndrome
    https://www.nature.com/nature/journal/v519/n7541/full/nature14232.html

上記の記事では人口甘味料も、乳化剤と同様に危険だと書かれている。
ただ真相は今のところ人間で試すとどういう変化が出るのかは詳しい因果関係はわかりきってはいない様子。
乳化剤と呼ばれる物は「乳化(分離している2つの液体が混ざる物)」というような状態を指すということにらしく界面活性剤とほぼ同じ意味をもつとのことで界面活性剤との違いは食品であるということか。
wikipediaを見るだけでも様々な食品で使われていることに驚く。
エマルション という項目も見てみると深く理解できる。

食品の危険の多さ

過去にも度々人口甘味料の危険性は危惧されてはいたがハッキリした材料も無かった。
バターの原料もトランス脂肪酸。
コーヒーフレッシュに含まれるトランス脂肪酸が使われていますが、考えが国によって異なるので危険だと考えられる食品に使われる原料は意外と多いのが事実だろう。
炭水化物ですら、糖尿病の喪とになるといわれて長いのにあまり危険性は知られていない。

通販

アマゾンで『乳化剤』検索する

I/51ga8bARNOL._SL500_.jpg” alt=”食べるなら、どっち! ? 不安食品見極めガイド (Sanctuary books)” align=”right” border=”0″ />

食べるなら、どっち! ? 不安食品見極めガイド (Sanctuary books)

  • メーカー: 渡辺雄二
  • 出版社: サンクチュアリ出版
  • 発行日:2013-05-22
  • 食べるなら、どっち! ? 不安食品見極めガイド (Sanctuary books)