炊飯器でチャーハンが作れる?とのことなので、試してみようと思った。どうせロクナことにはなら無いのだろうと思いつつもどうしてもどういう風な味になるのか興味が駆り立てられた。その結果。
mazui Fried rice

    先に結論から言う。

  • チャーハンは普通にフライパンで作ったほうがマシ。
  • 炊飯器で調理したいのなら、炊き込みご飯にメニューは変えるべきだ。
  • せめてシーフードピラフくらいなら炊飯器で作ってもありかもしれない。
  • しかし、炊飯器でチャーハンだけはNGだ。明らかに無理がある事は分かっていたものの、興味本位の誘惑に負けた私が間違っていた。
    これはマズイ。もしかすると、味付けを上手くやって水加減も絶妙にこなせばそれなりになるかもしれないが、所詮炊飯器の域だった。むしろ炊飯器調理をマスターするつもりでもなければ、食材を無駄にしてしまいかねない。
    一人暮らしの自炊でするならまだしも、家族に出す料理で出したら食卓で不味い空気が漂う事になる。

最高のチャーハンづくり チャーハンを作るポイント|自炊レシピ

炒めるのが最強の炒飯です。

それでも炊き込み炒飯を作ってみたいという人は読み進めて欲しい。

スポンサード リンク

炊き込み炒飯の材料

Roast pork
大まかな材料として出てくる物が、

  • お米(白米)3号もしくは2号
  • 焼豚100g
  • 玉葱1/2個か、ネギ

  • 味付けの調味料各種

  • 溶き卵2個分(後で乗せる)

  • これらはほぼ共通。しかし調理の手順がレシピで若干異なるので、参考までに3例比較してみた。

    炊き込み炒飯 3つのレシピ比較

    • http://cookpad.com/recipe/456646
      クックパッドのレシピだと、普通の材料で済む。
    • 簡単✩炊飯器で作る炊き込み炒飯!http://cookpad.com/recipe/2393364
      こちらの方がシンプルかも知れない
    • ガッテン流ジャーハン 炊飯器で作るゼラチンチャーハン ためしてガッテン2月27日レシピ
      http://shufufufu.blog.fc2.com/blog-entry-1007.html
      ここではゼラチンを使うとなっている。
      しかしゼラチンというと脂肪肉が元なので肉を先に混ぜて米を炊くクックパットのレシピが理に適っている気がする。
      むしろゼラチンをわざわざ買いにいくほうが面倒だろう。ラードとか脂身で代用できそうなものですが。

    ネギor玉ねぎは、どちらか片方でもよさそう。

    素人判断でチャレンジ

    上記のレシピ3つの間を取って試してみる。

      材料
      Rice cooker-Fried rice

    • 白米3号
    • 焼き豚200円70g(ローソン) とベーコン80g程度昨日のあまり。刻んで入れる
    • ネギ小ぶり(105円)の奴を半分程度 刻んで入れる
    • 卵2個は後のせ

    具を一通り入れた。
    チャーハンの元3袋 あまりがあったので突っ込んだ。
    醤油と、ごま油は適当に突っ込んだ。

    具を投入した跡に水を注いでいった図
    具を投入した跡に水を注いでいった図

    混ぜた後に水を足したら隠れる程度だと3.25号分くらいの水の水位になった。しかし硬くなるという記載も見受けられるので具が多かったので気にしないで炊いてみる。
    (水加減は、具を後載せであれば調味料込みで普通の水加減でいいことに後で気付いたorzこの場合は水分を多く含む野菜は後入れですが・・・具を混ぜたうえでの水加減となると判断が難解ですね)

    素人判断でチャレンジ

    出来上がった感想は、卵かけて放置しておいたところ上で茶碗蒸しのようになっていて若干焦ったがかき混ぜたらそれほど違和感はなかった。
    盛り付けてみたものの、どうもパラパラしすぎている。

    食べてみた感想。

    ぬふふぬふふ

    『これはまさにピラフ』だ。


    チャーハンとはとても言いがたい。
    そもそもチャーハンの定義は炒めることにある。

      味は、マズクは無いのだがイマイチな点は多い。

    • 米の食感
      パラパラ感や、米の色、具の加減などは比較的いいのだが米粒単位で、どうもパサついている。米粒で考えると均一には長けていないのだ。
      これが芯が残るという状態なのだろうか?
      ガリっとするほどではないのですが、明らかに完全に炊け上がっているような状態では無い。
      普通に食べれなくもないのですが、非常に微妙な仕上がりである。
      冷凍チャーハンを加熱しすぎたときのようなパサパサ感がある。
    • これ今思うと、普通にピラフでも作ったほうが何倍もマシである。
      見た目はチャーハンに見えるかもしれないが、味は、チャーハンだと言い切るには無理がある。


    • 味付けに関しては、元の味のもりかたが悪いのかも知れないが米の食感がどうもキモチワルイ。
      まだ、冷凍チャーハンのが何倍もマシな出来上がりになってしまった。
      あと炊飯器の下で、おこげ状態になっているのがウマクもなんともなく ただ強烈な香りを放つ存在になっているので、ツライ。

    一応残りも全部たべますけど・・・1人暮らしで自炊するときは、冷凍チャーハンも世の中には存在しているので冷凍保存しても良さそうに感じる。

    【大阪王将】3種チャーハン12袋≪炒めチャーハン、高菜チャーハン、キムチ炒飯×各4袋≫送料無料

    ただし一般的な冷凍庫で保存すると具がカピカピになったりしやすいので、密閉容器で保存して極力早めに在庫は消化したいものです。

    炊き込み炒飯は、好んで試すべきではないメニューだろう。
    今日の教訓は、お米は普通に炊くのが一番である。
    この調理のコストと比較しても普通に105円の冷凍チャーハンでも数袋かったほうがまだお得である。

    炒飯本

    dancyu (ダンチュウ) 2013年 05月号 [雑誌]
    dancyu (ダンチュウ) 2013年 05月号 [雑誌]

    • 「食」 のエンターテインメントマガジン
    • 出版社: プレジデント社; 月刊版
    • 発行日:2013/4/6

    dancyu (ダンチュウ) 2013年 05月号 [雑誌]
    チャーハン・・・炒めて何ぼだとも思う。
    最高のチャーハンづくり チャーハンを作るポイント|自炊レシピ