果物のかんきつ類の代表格である「みかん」の栄養成分とカロリー・糖質・旬などの紹介です。
漢字では「蜜柑」。
英語では「orange」です。※日本語で言う「みかん」と「オレンジ」は同じ柑橘系ですが、別種です。
冬と言えはコタツとみかんというくらい身近な果物の一つがみかんです。
皮が向きやすくすぐ食べられる果物でバナナと同様によく食べられる果実です。

ミカンの写真
ミカンの写真

栄養成分表示

温州蜜柑(ウンシュウミカン)の栄養価

標準成分表:うんしゅうみかん じょうのう 普通、生100gあたり

栄養素 内容量
エネルギー(カロリー) 46kcal
たんぱく質 0.7g
脂質 g
炭水化物 12.0g
食物繊維 1.0g
ナトリウム 1mg
カリウム 150mg
ビタミンB1 0.10mg
ビタミンB2 0.03mg
カルシウム 21mg

参照データ:https://fooddb.mext.go.jp/details/details.pl?ITEM_NO=7_07027_7
https://fooddb.mext.go.jp/index.pl
温州蜜柑は日本が産地のミカンです。
林檎は果糖が4-5割なのに対して、みかんの果糖は1割しかありません。代わりにショ糖やブトウ糖がおおく含まれています。
炭水化物量は、12.0に対して食物繊維は1.0gであるため糖質は11gと高めです。
ミカンに含まれる成分でラット実験では糖尿病を改善する効果も発見されているとのことですが人だとどうかは不明です。ヘスペリジンやナリンギンなどミカンの筋や袋に多く含まれている。

みかんの産地では脳卒中の死亡率が非常に低いという統計が有ります。
ミカンが健康に良いからと言っても食べ過ぎは危険です。
目安として1日で2個程度ならOK。

野菜宅配ランキング

みかんの特徴

普通みかんの旬は12月~1月の冬です。この期間が最も出荷量が多い季節です。
温州蜜柑でも種類が有り9月ごろから収穫される品種も存在しています。
品種と産地が多様に異なる為、一重にいつが旬だとは断言しにくい果物だと言えます。
料理方法
  • そのまま皮をむいて食べる。
  • カットして食べる。
    カットされたミカン
    カットされたミカン
  • ケーキなどの具としての利用

  • ジャムなどに加工
  • 絞ってオレンジジュースとして飲む
  •  

    ポイント
    みかんにはアトピー性皮膚炎やじんましん等のアレルギー性の症状を改善する効果が期待できる 
    木に実っている夏みかん
    木に実っている夏みかん

    動画

    後で追記

    柑橘系の果実は、ミカン以外にもグレープフルーツや、柚子など類似の物が数多く存在している。
    糖度の甘味と食べやすさから日本ではミカンが最も流通している。

    みかんとオレンジは異なる
    オレンジは少し前までは輸入品ばかりでしたが、近年では国産物も増えている。
    みかんよりもオレンジの方がビタミンCが多く甘酸っぱい香りのαリモネンはリラックス効果があります。

    イヌリンとHMB
    すこやか自慢

    学生服 セーラー服 夏服の後ろ姿

    紅花(べにか):紅まどんな愛媛西宇和市
    愛媛県立の果樹試験場で登録された品種
    愛媛県のオリジナル品種
    濃い紅色の薄皮が特徴