果物である、りんごの栄養成分とカロリー・糖質・旬の紹介です。
ばら科の落葉高木の果実が林檎としてよく食べられられている。
漢字では「林檎」英名は「apple」
栽培されたものが殆どです。
果実は球形で赤い実が特徴。
類似の果物に梨が存在している。

リンゴの写真
リンゴの写真

スポンサード リンク

栄養成分表示

ミネラル・食物繊維、ポリフェノールが豊富なのが林檎の特徴です。

りんご 皮つき、生:100gあたり

栄養素 内容量
エネルギー(カロリー) 61kcal
たんぱく質 0.2g
脂質 0.3g
炭水化物 16.2g
食物繊維 1.9g
ナトリウム Tr g
カリウム 120mg
ビタミンB1 0.02 mg
ビタミンB2 0.01mg
カルシウム 4mg

参照データ:https://fooddb.mext.go.jp/details/details.pl?ITEM_NO=7_07176_7
https://fooddb.mext.go.jp/index.pl

リンゴの糖質量
炭水化物も多いが食物繊維も多く含む果物が林檎です※ですが果物の場合としての食物繊維量なので野菜ほどは多くない。
100g当たりの糖質が、炭水化物16.2gに対して食物繊維1.9gで糖質は14.3gです。
皮むきのリンゴ100gだと 炭水化物15.5g 食物繊維1.4gで糖質は14.1gなので差は殆どない。

健康の為には1日1個のりんごを食べようといわれている
果物の中でも栄養価が高い林檎は「1日1個のりんごで医者いらず」ともいわれる栄養が多い果実だ。
カリウムは余分な塩分を排出してくれます。
皮を剥いて放置すると茶色く変色するのはポリフェノールの効果です。
ポリフェノールは色素や苦みの成分で活性酸素を除去して老化を予防してくれます。

野菜宅配ランキング

りんごの特徴

リンゴの実る木
リンゴの実る木
2016年度のりんご生産量1位は青森県で日本国内で生産されている林檎の6割りを占めている。

リンゴの旬は9月~12月
料理方法
  • 直に食べる:カットして食べる。
  • 焼き料理:焼きリンゴにする。丸ごと焼く食べるだけでなくカットし焼いても可能
  • ケーキの具として食べる
  • 冷凍:シャーベットにして食べるのも可能
  • 酒:りんご酒などの果実として使う
  • 加工して食べる:ジャムにする。ミキサーにかけてジュース・スムージーなど
  • 隠し味に:カレーの隠し味に使う。ラーメンなどのスープの出汁取りに混ぜる。
  •  

    ポイント
    リンゴの果実
    リンゴの果実
    選び方:軸にしわが無く皮に張りがある物でさわやかな香りがするものが良い。

    ペクチン
    林檎の皮に沢山含まれているペクチン
    皮ごとたべるとペクチンも摂取できます。 

    りんごの写真
    りんごの写真
    酸味成分のリンゴ酸が胃腸の働きを良くし疲労回復に効果が有ります。

    ラーメンの具にりんご



    ラーメンの具にリンゴは初めて見ましたけどこれが美味しいのかは不明。

    動画


    長野県産ふじりんごを使用した「いろはす」(飲料)

    林檎の写真
    林檎の写真

    表面を洗った後に塩でこすり荒いする。流水で注いだ後に、皮を剥き切り分けて塩水に浸すことで変色を防げることと有害物質が取り除ける。
    ※塩水につけて色が変わるのを防ぐ方法はレモン汁をかけることでも代用可能です。

    加工食品で、アレルギー表示が含まれるものに関して添加物にりんごが入っている場合には表示義務がある

    箱詰めされたリンゴ
    箱詰めされたリンゴ

    果物関連

    学生服 セーラー服 夏服の後ろ姿