ローソンの黄金チキン骨つき 2018年12月版は、炭水化物 7.8gと優秀。

スポンサード リンク

ローソンの黄金チキン骨つき 2018年12月版食べてみた感想。
炭水化物「7.8g」とフライドチキンの中では糖質量は、優秀な低さなので糖質制限中でも比較的安心して食べれる。

黄金チキン骨付き 2018年12月版

黄金チキン骨付き 2018年12月版


190円(税込)

スポンサード リンク

動画

食べた感想

骨無しよりもスパイスは強くない。
油量も骨付きの方が少なく食べやすい。

黄金チキン骨付き 2018年12月版

側面から見た図

黄金チキン骨付き 2018年12月版

必要と口食べた図

黄金チキン骨付き 2018年12月版

黄金チキン骨付き 食べかけの状態

栄養成分表示

標準成分表:1食あたり

栄養素内容量
エネルギー195kcal
たんぱく質15.9g
脂質11.2gg
炭水化物7.8g
ナトリウム929mg

参照データ: https://www.lawson.co.jp/recommend/original/detail/1356543_1996.html
フライドチキンで炭水化物量は10g前後が多い中 黄金チキン骨付きは7.8gと低めではある。
同社の黄金チキン骨なしでも炭水化物 10.8gですから。
黄金チキン骨なし|ローソン2018年度版 栄養価(カロリー・糖質)調べてみた。

他社との比較

ただし骨付きのフライドチキンとして比較すると
ファミリーマートの通常版のフライドチキン150円であることに対してローソンの骨付き黄金チキンは190円という価格だったので
ファミマのフライドチキンの方が「味」も「食べ応え」「コスパ」でも勝る。

食品
nufufuをフォローする
関連記事

サイト内検索

ぬふふ.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました