吉野家で焼魚牛小鉢定食を食べてみた。

3.0

スポンサード リンク

Grilled Fish and Beef Set Meal

吉野家の焼魚牛小鉢定食

焼魚牛小鉢定食

吉野家の朝定食を最近利用していなかったので、あったか朝定メニューの焼魚牛小鉢定食食べてみた。
販売時間は、朝4:00~昼11:00までとなっている。

スポンサード リンク

動画

メニュー

一汁三菜定食のメニュー
一汁三菜定食のメニューの説明書き
朝牛セットのメニュー
定番の朝定食のメニュー
朝定食のご飯や汁物変更のオプションメニュー
その他のメニュー

注文商品の価格

焼魚牛小鉢定食の伝票

焼魚牛小鉢定食の値段は税込み635円と、結構高くなってきていますね。近年の立てつづけての値上がりで吉野家で定食食べたい魅力はガッツリ減っているのでした。

食べた感想

焼き魚(鮭)
焼魚は外食によくあるなんちゃってサーモンなのだろう。敢えて鮭ではなく焼き魚表記なのも面白い。(鮭の赤っぽい身よりも、トラウトサーモンなどのニジマス系だとピンク色っぽい身が多いのが差異。)
なんちゃってサーモンについて
鮭
魚(鮭)の切り身の厚みは薄く、骨はほぼ無し。身と皮はしっとりで脂分も結構出ている。箸で挟もうとすると崩れる柔らかさ。
牛肉
牛小鉢
牛小鉢は肉量しっかり入っていた。過去にショボイものと遭遇することが稀に有ったんですよね。
その他
ご飯
キャベツのサラダ
コールスローというか生野菜サラダのキャベツ類もそこそこ。
サラダの小鉢にマヨネーズドレッシングかけた状態
味噌汁
みそ汁の具はワカメネギ少量といったところ。一時のただ味噌とかしただけのようなものより若干マシになった気はする。

終盤

数年前と比較すると、各種小鉢などの具材の容量はしっかりしてきているけど、焼魚牛小鉢定食だと味に強いインパクトも無くコスパがイマイチかな。最近牛すき鍋ばかり食べていたので甘さで舌が鈍くなっているのかもしれない。吉野家の定食類の高騰化をヒシヒシ感じてしまう。
牛丼店で680円以上使うと出世しない?という記事がネタすぎる。

2019年9月二度目の牛鮭定食-吉野家

焼魚牛小鉢定食の栄養成分

栄養成分 (1食当たり)

栄養素内容量
熱量667kcal
たんぱく質28.3g
脂質19.6g
炭水化物90.7g
食塩相当量3.8g

ご飯ものなので炭水化物90.7gと多めですが、牛丼の並盛が89.0gということなので大して違いが無かった。たんぱく質28.3gは焼鮭と牛小鉢とみそ汁でそこそこの量。
満腹度は焼魚牛小鉢定食は満足ボリュームでしたが、栄養面で牛すき鍋単品の方が炭水化物の低さとたんぱく質量で優秀だな。
サケ、シャケ(鮭・サーモン)の栄養成分とカロリー・糖質・旬など|魚介類

マヨネーズ

栄養成分 (1食当たり)

栄養素内容量
熱量27kcal
たんぱく質0.1g
脂質2.6g
炭水化物0.6g
食塩相当量0.3g

サラダについてくるマヨネーズは、たんぱく質0.1gと炭水化物0.6ということで容量が少ないことも有って微々たる栄養価でした。
キユーピー マヨネーズは糖質制限に適した調味料
たんぱく質の1日に必要な量の紹介|中年太り解消や、筋トレの基礎知識

公式サイト

ご飯とみそ汁にこだわりのたれで煮込んだ牛肉・鮭・生野菜サラダがついた朝膳です。

https://www.yoshinoya.com/menu/morningset/sakana-gyu-tei/

限定麺 春の名残り定食|竹末東京プレミアム

外食食品
nufufuをフォローする
関連記事

サイト内検索

ぬふふ.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました