激辛牛キムチクッパ 並盛490円|吉野家
激辛牛キムチクッパ 並盛490円|吉野家
吉野家の季節限定メニュー 牛キムチクッパを食べてみた。
税込価格で
並盛490円
大盛590円

動画

食べた感想

牛キムチクッパ |吉野家
牛キムチクッパ
辛味度
辛さが激辛も無料で選べるとのことで、激辛で注文したら 結構激辛www
最近辛い物食べていないのもあってか無茶苦茶辛いw
これは昼間に食べていい辛さではないかな。
具がキムチとモヤシと幾つかの野菜に牛肉と豆腐
牛肉:牛キムチクッパ |吉野家
牛肉はおいしいがもう少し欲しくなる。
豆腐:牛キムチクッパ |吉野家
豆腐は合間に食べると辛さの中で、適度な箸休めが可能
キムチの具:牛キムチクッパ |吉野家
キムチの具は細かいので食べやすい。
もうちょっと野菜が多いのかなと思ったのですが若干期待外れ感はあった。
茎のような野菜:牛キムチクッパ |吉野家
茎のような野菜はイマイチ存在感は弱い
人参の細切りのようなものも見える。
スープの中にご飯:牛キムチクッパ |吉野家
スープの中にご飯
スープの中というか、下にご飯が入っていた。
ただこれはでは食べにくく、スプーンでもすくいにくい
食べにくい感じはあった。
具はこのままで、ご飯ではない何か別の料理だったら、炭水化物低そうなので頻繁に食べてみたいのですけどね。(ライザップ牛サラダの「牛キムチ版」とか出してくれんのかね)
食べ終えて
食べ終えた丼:牛キムチクッパ |吉野家
食べ終えた丼
牛キムチクッパの食後、胃が痛くなる辛さではないものの、げっぷが結構出る。
後味の辛さは若干尾を引く程度ですが強烈ではない。
※辛いのが苦手な人は激辛はやめておいた方が良い。
価格が500円未満ということもあってか、食べ応えボリュームは若干物足りない

後で調べてみたら、激辛はハバネロパウダーを追加して辛くしてるらしい。道理で辛いわけだ。

7月 29 日(月)より期間限定販売。夏は辛さで乗り切ろう
吉野家、幻の旨辛メニュー『 牛キムチクッパ』が復活
激辛好きの方にはハバネロパウダーを無料で追加

丼は通常版が白色で、激辛は黒色なのかな。

吉野家の牛キムチクッパの詳細

牛丼の具(牛肉と玉葱) 吉野家特製キムチ、もやしナムル、豆腐
最後に青葱をトッピング

スープ
コチュジャンベースのスープに昆布/かつお/しいたけ
牛肉のエキスをたっぷり効かせた旨辛スープと一緒に
参照元:https://www.yoshinoya.com/wp-content/uploads/2019/07/26174449/news_190729.pdf


吉野家公式ショップ楽天市場店

牛キムチクッパ並盛の栄養成分表示

栄養成分:1食あたり

栄養素 内容量
エネルギー 577kcal
たんぱく質 22.2g
脂質 17.3g
炭水化物 80.4g
食塩相当量 7.1g

激辛牛キムチクッパ並盛の栄養成分表示

栄養成分:1食あたり

栄養素 内容量
エネルギー 579kcal
たんぱく質 22.3g
脂質 17.3g
炭水化物 80.7g
食塩相当量 7.1g

通常の牛キムチクッパと 激辛牛キムチクッパの栄養価の違いは微量の差です。(カロリー2kcal、たんぱく質0.1g、炭水化物0.3g この差。)
牛キムチクッパは炭水化物量は、牛丼より少なく牛すき鍋膳よりも若干低い程度かな。
https://www.yoshinoya.com/pdf/allergy/

公式サイト

牛肉の旨みが決め手の吉野家特製キムチクッパです。吉野家秘伝のたれで煮込んだ牛肉、キムチ、もやしナムル、豆腐を旨辛スープをご飯と一緒にお召し上がりいただきます。
並盛 454円(税込490円) 577kcal
大盛 547円(税込590円) 770kcal
https://www.yoshinoya.com/menu/gyudon/gyu_kimchikuppa/

牛キムチクッパ

吉野家の牛キムチクッパは9年ぶりの再販売とのこと。
そういえば9年前に吉野家いく機会ほとんどなかったというか記憶にないなそのころ利用したことが。
同時に豚キムチクッパも販売している。

ライザップ牛サラダのトッピングがリリース

ライザップ牛サラダのメニュー
ライザップ牛サラダのメニュー
気になったものがライザップ牛サラダの追加項目だ。
ライザップ牛サラダの追加トッピングのメニュー
ライザップ牛サラダの追加トッピングのメニュー
牛肉やキムチなど優良オプションで追加可能なメニューが増えている。
サイドメニューを単品で追加するよりもお得な価格設定だ。
野菜ましは画像だとキャベツだけにしか見えないのであまり期待はできないですが肉増しの量が気になる要素でした。
ライザップ牛サラダと牛皿大盛 推定糖質 合計20g未満|吉野家