ホープ軒本舗というラーメン屋について

スポンサード リンク

店舗についての説明欄

説明欄

ホープ軒本舗は東京武蔵野市吉祥寺にある昭和35年1960年に屋台で創業したラーメン店
ホープ軒本舗は吉祥寺と大塚店が存在する。

スポンサード リンク

ラーメンの特徴

切刃:番手24番 角切りの細麺でちぢれ麺。
自家製・防腐剤不使用の麺。
スープ
豚骨醤油。
背脂は煮立たせているもの使用。
基本のラーメンに追加でトッピングされたメニューに、メンマ・ネギ・モヤシなどが有る。

名称

ホープ軒という名前で営業している店は多く存在するが、正確な暖簾分けなどかは傍から見ると不明瞭。※現在は東京都渋谷区千駄ヶ谷と、中野区野方の二店舗なども存在する。

豚骨出汁のスープの違い

スープが豚骨醤油なのは東京豚骨の流れなのかな。それまでラーメンの出汁は、鶏ガラか豚骨でタレは醤油が周流だったため。博多とんこつが普及するのは、もっと後になる。

背脂

背脂(背油)について|ラーメンのスープの素材

背脂を使ったラーメンは、2000年代以降増えてきており、ご当地ラーメンでも新潟の燕三条系なども歴史は古く新しく独自路線で背脂をふんだんに使うラーメン店も新規であふれている。ある種背脂という固定概念除けばラーメン二郎なども豚の脂を結構使ったラーメンだったりする。この事は博多とんこつ等のラーメンとは異なる、豚骨を使ったラーメンの特徴にも思える。
乳化に関しては博多とんこつ同様長時間スープに使う出汁を炊き続け過ぎた偶然からの産物であることは共通項。

アイランド食品 銘店伝説の東京吉祥寺ホープ軒本舗|ラーメン

関連サイト

公式サイト:http://hopeken-honpo.jp/

千駄ヶ谷系の店舗系公式サイト:http://www.hopeken.co.jp/
千駄ヶ谷は叔父にあたる系列。中太麺なのも特徴

背脂ラーメン関連

ラーメン食品
nufufuをフォローする
関連記事

サイト内検索

ぬふふ.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました