自宅で挽いたコーヒー豆からアイスコーヒーを作る方法を紹介します。
マクドナルドのアイスコーヒーがマズイ。日によっては本当にこれが珈琲か?と疑うほど味のバラツキが大きい。
この為いくらSサイズが100円でも氷抜きで頼んでもこのままでオイシクナイ アイスコーヒーを飲むのは飽きてきた。
何故こんなに香りも味もマズイのかはわからないが、これでは正直コンビニだとか他のファーストフード店でアイスコーヒーを飲んだ方がマシである。

スポンサード リンク

自宅でアイスコーヒー

ハリオ コーヒーポット ミニ
ハリオ コーヒーポット ミニ

ホットが飲みたければドリップでいいのですが、アイスはドリップから作ると薄くなるのが欠点。冷ますのも面倒。
水出し珈琲の機器を買ってみる。
過去に袋でろ過するタイプでチャレンジしてみたものの、粉がまずいのか漬け込んでいた時間が悪かったのかイマイチだった。
機器はスーパーマーケットで売っている。
イトーヨーカドーでは似たようなものが1500円前後の価格だった。
最寄のディスカウントショップで安いのを買ってきた。
コーヒー豆の粉末状、中挽きを中に入れて水を注いでかき混ぜて冷蔵庫で8時間寝かしてアイスコーヒーが出来上がりという製品。
ただしコーヒー豆のカスを捨てるのが面倒くさい。
ポットの底に細かなコーヒーが溜まる(目が粗いのだろうか ドリップの用紙ほどは細かくない)。

ネット通販でも購入可能

私が買ったものが、600ml程度のサイズだったのですが1000ml のサイズの方が便利な気がした。買うなら1000mlの方が良いと思う。


I/31Z2IZNdboL._SL500_.jpg” alt=”ハリオ 水出し珈琲ポットブラウン 1000ml MCPN-14CBR” align=”right” border=”0″ />

ハリオ 水出し珈琲ポットブラウン 1000ml MCPN-14CBR

すっきりクリアな水出しコーヒーで、ひと味違う珈琲専門店のようなおもてなし。アイスコーヒー用(深煎り)のコーヒー粉をストレーナーに入れてボトルにセット。あとはゆったり冷蔵庫で約8時間寝かすだけ。手間はかけずに、本格的「水出しコーヒー」が誰にでも、簡単につくれます。
粉全体が湿るように少量ずつ水を注ぎ、「の」の字を描くようにドリップ 冷蔵庫で8時間程抽出してできあがり

  • メーカー: HARIO
  • 発行日:
  • ハリオ 水出し珈琲ポットブラウン 1000ml MCPN-14CBR

    他にもドリップしてアイスコーヒー化を一度にする機械もあるようですが若干値が張る上に大量に作ることは出来なさそうなので利便性は水出しの方が勝る。

    珈琲豆は劣化する。

    酸化すると言うのが正しいのかコーヒー豆は焙煎した後の豆で販売されていることが多いがこの豆は挽いた状態の粉状態では劣化は豆の状態よりも早い。(空気に触れる面積が大きい為)
    通常ちょっと油断して飲みきらないで封をしておいておくと酸味が強くなる。
    この為、豆の状態で購入する方が良いのだが、ミルで挽いて入れるのは手間がかかりすぎる。粉末上で購入した場合でも管理や消化は早目が無難だろう。