ワイルドステーキの部位と栄養価と価格の変化について|いきなり!ステーキ

スポンサード リンク

いきなり!ステーキの「ワイルドステーキ」の部位と栄養価と価格について紹介します。

ワイルドステーキ300g|いきなり!ステーキ

ワイルドステーキ300g


プレミアム・アンガス・ビーフ(CAB CERTIFIED ANGUS BEEF)

スポンサード リンク

ワイルドステーキの部位

品種
2014年11月から
プレミアム・アンガス・ビーフ(CAB CERTIFIED ANGUS BEEF)に仕様変更されているらしい。

2014 年 11 月 13 日
http://ikinaristeak.com/wp-content/uploads/2014/08/1e1ea385a1b18e370418eba41889acb9.pdf

ワイルドステーキの部位はどこの部位のの肉なのか?
これは、肩肉
でネック側は切り落としているということになる。

肩肉の位置

肩肉の位置


肩ロースの位置

肩ロースの位置

ネック部分を使わずとなっているため肩ロースも含まれるのだと推測できる。

牛肉の各種部位の名称と調理例の向き不向き

他の部位

いきなり!ステーキのメインメニューの肉の部位と位置について。


リブロース ブロック 1.6kg

ワイルドステーキの推定糖質

ワイルドステーキ300g|いきなり!ステーキ

ワイルドステーキ300g|いきなり!ステーキ


基本的に肉なので糖質は0.1g程度だろうと予測できるのですが、焼くときにたっぷりの粗びき胡椒がついてくる為糖質量は肉そのものより高くなると考えられる。
調理は炭火加熱なので油の心配は無いだろう
この点ヒレとかリブの方がブロック肉状態の厚みがある焼き方なので胡椒の量も少ないと考えられる。
タレつけたとしてもブロックの方が食べ方によっては漬かる面積が少なくてすむ


いきなり!ステーキ 楽天市場店

いきなり!ステーキ|ワイルドステーキの価格の変化

基本的に200g食べる人って子供か食が細い女性向けだとしか考えていないので普通の胃袋の人だと300~450gは食べると推測できる。
ひとまずここでは300gで価格の推移の紹介をする。

時期価格
当初価格 1,050円(税抜き)
2014年11月17日~1,200円(税抜き)
2017年3月1日1350円 (税抜き)
2017年10月20日~1390円 (税抜き)

年々確実に高騰化していることが実際の価格推移で見て取れる。
2019年10月1日からは、消費税が10%になり、
1390円+消費税10%になった為、
会計後の価格は1390円+139円の1529円で、1500円超えだ。
※消費税8%の時点で既に1501円で超えていましたけどワイルドステーキの300gだと、結構高く感じる。
※いきなりステーキ初心者に起こりがちなのが、メニューが全て税別表記であるためランチメニューや量り売りのステーキでも会計時に思った以上の金額になる事も多い。

牛肉価格の変化

この間に何の変化があったかというと、ドル円の上昇(円高)が大きいだろう。
和牛やオージービーフ等であることから輸入品はもろに為替の影響受けやすいのが要因にある。反対に今後民主党政権時代のように1ドル80円未満の時代はまず考えにくいだろう。
肉の原料価格もそうだが、関税など政治的な背景も値動きに影響与えますし牛にあたえる飼料などの餌の高騰化も背景にあるのだろう。
中国など発展が凄まじい国の肉の消費量増加で値段が吊り上がっていく要素も考えられる。
アメリカ産牛肉
税抜き価格も面倒くさく会計の目安がつけにくいことが難としてある。
今後の消費税増税も踏まえての外税表示なんだろうが利用者からすると非常に紛らわしく思う。
それにしても日本って税金取り過ぎ国家だ。
いきなり!ステーキにフランチャイズとして加盟しようと考えたり、いきなり!ステーキに入社しようとする場合には、為替リスク考えておかないと何か起きたら打たれ弱い
仮に1ドル200円とかになったら、いきなりステーキ離れが起きると思う。
為替の世界だとありえないことではないだろうし。

いきなり!ステーキの続伸が、2018年には打ち止めになったようで店舗数は増える一方ですが、今後の成長は鈍化するとみられている。
いきなり!ステーキが失速しているのか?

反対に牛丼チェーン店は280円~380円水位していて動きが無い事と
マクドナルドのようなハンバーガーチェーンなどでも単品あたりの価格に極端な動きがないのは、輸入量が莫大だからなんだろうか?
※日本マクドナルドは消費税が10%になった頃からハンバーガーは従来100円だったものが、110円になった。これでも値動きは結構小さく「いきなり!ステーキ」ほどではない。
仮に「いきなり!ステーキ」が数千店舗などという数の店舗になれば価格は安定することは可能だろうか?

気になったのでざっと大手飲食店などの店舗数を調べてみた。
狂牛病のようなことは早々起きないとしても未だアメリカ産牛肉って疑惑が付いて回っているし油断は出来ない気がする。
価格的な代価が利くのは、アメリカ産牛肉=オージービーフだろうし。
反対にニュージーランド産は高い。
糖質制限で話題!高タンパク質で安心安全、ニュージーランド牧草飼育牛【Saito Farm】

いきなり!ステーキにてワイルドステーキ300gの動画

ワイルドステーキ300gには、基本の具のコーンをブロッコリーに変更してライス抜きの代わりにインゲン追加トッピングが好きです。

お勧めについて、乱切りカットステーキが、私的にはお勧めのメニュー。
2019年時点ではトッピングのボリュームやサイズが、毎回てんでバラバラ過ぎて価格に対してのパフォーマンスが好ましくない。
いきなり!ステーキが社長直筆の「お願い」全店掲出へが不気味

いきなり!ステーキ関連記事

鮮魚・青果・和牛の仕入れ 料理人向け食材のEコマース【八面六臂】

お勧め記事


KOTHALABO

ベジファス

「ベジファス」で無理な食事制限とサヨナラ!

絶対に痩せる!糖質制限に関する自己挑戦のまとめ

スポンサード リンク

外食 食品
nufufuをフォローする
関連記事

サイト内検索

ぬふふ.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました