食品でよく耳にする、無化調・無添加について

無化調とは

化学調味料を使用していないこと。
ラーメン店などで多く使われる言葉。
無化調のラーメンについて
化学調味料の危険性は、WHOレベルで体への害は無いとされているのでそこまで危機意識を抱く必要はないと考えられる。
しかし今現在でも味覚にうるさい人たちの意見としては、どの程度の差がでるのかは幻想的に信じられている為判断は難しい所。
食品添加物について知るべきだ。|食と知識
無化調にこだわるくらいなら科学調味料入れてでもはっきりした味を求める人も少なからずいる。
科学調味料を摂取していることで舌で感じる味覚が鈍くなるという人までいるがこれは根拠は不明。

無添加とは

無添加とは添加物を使用していないこと。
添加物がある食材だと調味料や、各種加工食品などに使われていることが有る。
この為無添加とうたった製品を使わない限り添加物を避けることは出来ない。
添加物は、食材に無い物を使う事。
保存料や着色料など多岐にわたるため種類も多すぎることが難。
食品の加工の一過程に使われている場合などは、原材料に表記されないという問題もあるため、知られることが無い添加物の可能性も危惧されている。
国によって取り扱いも異なるため、シビアな成分だといえる。
コンビニや外食チェーン店の食品が危険な理由|飲食店

無化調・無添加で過ごすためには

無化調・無添加をとにかく意識するのであれば、原料を自分で購入して厳選した調味料などで料理しない限りは得ることは不可能だ。
外食やコンビニなどの中食では、到底無添加で無化調の料理を食べることはほぼ不可能に等しい。
食べ物の危険性について。|食と知識