ぺヤングに虫(ゴキ?)が入っているというツイートで
該当ユーザーがぺヤングと揉めていることがweb記事などで報道されているのだがこの事件はちょっとメーカーの対応が変に感じる所が多い。
2014年12月3日に報じられて以降、
2014年12月4日時点では原因は不明のまま。
該当の商品は回収することが掲載されている。

スポンサード リンク

回収に関するURL

「ペヤング」焼きそば麺に「虫」? ツイッターで画像拡散、メーカー側「考えられない」

カップ焼きそばのロングセラー「ぺヤング ソースやきそば」に虫が混入していたとする画像がツイッターに投稿され、インターネット上で騒ぎになっている。

 このツイッターユーザーは2014年12月3日に保健所と製造販売元の「まるか食品」(群馬県)に連絡し、双方とやりとりをしたと報告している。

該当の写真は麺の中に虫が埋まっている画像であるのだが、

 ユーザーは元画像を削除したが、まるか食品の対応には、

  「お互いのためが云々いって圧力かけてくるあたりカチンときた」
  「今後の対応次第ではもうぺヤング買わない」

などと不満げだ。

こういうコメントが続いているので引っかかる要素は多い。

ペヤング「ゴキブリ混入騒動」結果判明まで1週間、きょうにもコメント発表

弁護士ドットコム 12月4日(木)12時30分配信

インスタントカップ焼きそば「ペヤング」にゴキブリとみられる異物が混入していた問題について、製造・販売元の「まるか食品株式会社」(群馬県伊勢崎市)の広報担当者は12月4日、弁護士ドットコムの取材に対し、「外部の機関に検査を依頼している。結果が判明するまでに1週間くらいかかるだろう」と話した。同社は4日中にもこの問題に関するコメントを発表する。

 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141204-00002374-bengocom-soci

「1週間くらいかかるだろう」というのは長いな。

対応としては「ペヤング 超大盛やきそば ハーフ&ハーフ激辛
」と「ペヤング 超大盛やきそば ハーフ&ハーフカレー 」の2つが回収との事なので普通のぺヤングは対象ではなさげだ。

通販


I/51j9eMEpYpL._SL500_.jpg” alt=”ペヤング やきそば 120g×18個” align=”right” border=”0″ />

ペヤング やきそば 120g×18個

愛され続けて、35年。
本格的鉄板やきそばをイメージしたコシのある麺と飽きの来ない、まろやか味ソースが自慢です。

  • メーカー: まるか商事


  • ペヤング やきそば 120g×18個

    以前にもtwitterで混入画像などでチョコレートに虫が入っているといもので、どこかのメーカーが即製造過程で入ったものではなく店頭・もしくは自宅で外から混入する危険性を解説していたりしたが、密封されていない食品は危険な感じがするのでした。
    もし今回のぺヤングの事例が製造工程で入ったものだとしたら本当ぞっとする話だ。
    今後は、カップ麵類も食べるのはリスクに感じるところか。

    ペヤングの公式サイトの工場風景が不衛生すぎる

    その後掲示板などでペヤングの工場内の写真が掲載されていたのですが出典元を調べると
    http://www.peyoung.co.jp/ 内の画像であることが判明し
    実にこの画像が麺の工場というには、あまりにも不衛生なイメージであることが解った。
    他社の工場の写真はまだ衛生管理的にはマシな印象ですがペヤング公式の画像はどうみても工業製品か何を作っている工場にしか見えない写真なのだ。この画像を公式が掲載している時点で今後ペヤングから客が離れるのは必然だろう。
    ペヤングの言い分も当初は「虫が入ることはありえ無いし今まで一度も苦情は無い」というのが日がたつにつれて「過去にも何度かあったが個別には話さない」と態度が変わっているので今後ぺヤング販売元のまるか商事が窮地に立たされる可能性は大きい。

    今度は日清の冷凍パスタ商品でゴキブリが混入?
    どうも混入事件が相次いでいる様子。レトルト食べるときはよく確認したくなってしまうこの頃だ。