日本の料理(和食)というとシンプルなものだと、お味噌汁、豪華なものだと寿司だろうか?
出汁と米と野菜などが基本的な食事で、おかずは近代になってから食されるようになったイメージが強い。
日本は島国で、海の幸というほど海のや川の生き物は食べていたが陸上の獣類を食す機会は殆どないイメージが強い。さらにいうと、従来は魚が、おかずとしてもメインであり、肉食文化は江戸後期から明治初頭にかけて一般庶民に浸透していったような文化背景もあり、元々肉食中心ではない食生活圏だ。
ステーキ屋やファーストフード店は日本でもそれなりにあるが、現代でも欧米のように大量に肉を食べるような風習は無い。牛丼ですら米が大半なので穀類が食事のメインであることは変わっていない。

スポンサード リンク

味噌汁
味噌汁
味噌汁などはチューブ式でお湯で溶かして飲めるタイプが簡易式で販売されているが味もそこそこなので一人暮らしでは重宝するアイテムだ。
味噌汁に限っては英語に翻訳すると味噌スープという単語になるので、本当知名度は味噌は高いんだと思う。

寿司も都内で食べるものと地方で食べるものは味が違う。
魚介類の鮮度が大きく異なるのがその要因だと思われる。
高級な寿司屋だと鮮度があきらかに違うのでしょうがそこらの安い寿司屋の素材はやや疑問に思うことが多い。
そもそも魚介類は鮮度が命なので取れた手が美味いに決まっていることなので、魚が取れたてで食べれるものが一番おいしいわけですが都内だとそういうお店はほぼ存在しない。
水槽で延命させていたりするようなケースもあるが、海での取れたての味とは劣化は避けられないと思うので、まぁ・・・

てんやの天ぷらは普通においしい。
寿司は食べ歩かないのでよくわかりません。