国産野菜タンメン|まいばすけっと

3.0

スポンサード リンク

国産野菜タンメン|まいばすけっと

まいばすけっとで購入した冷蔵のラーメン「国産野菜タンメン」について。
価格は税別298円とコンビニラーメンよりかなり安い。

ラベル

丼の容器がコンビニよりも小さい為食べ応え少ないかと思ったのですが意外なことに食べ応えがありました。

スポンサード リンク

動画

購入した動機

このタンメンが気になったのは1/2の野菜が摂れるという記載があったからだ。
以前食べたローソンの東京タンメン トナリ監修タンメンは、「1食分の野菜!」ということだったので1/3しかなかったからだ。
この野菜量でなかったら恐らくまいばすけっとで冷蔵麺買うことは無かった。

調理方法

まいばすけっとの国産野菜タンメンの加熱時間

加熱時間は500Wの電子レンジだと6分。
野菜の下にシートが敷いてあるのはコンビニ麺と異なる仕様。
付随する、ごま油
小袋のごま油が付いている点も、珍しい点。

食べた感想

電子レンジ加熱後の「国産野菜タンメン」

国産野菜タンメンの麺の状態
中太というには微妙なサイズの麺はヤワイのが残念。
国産野菜タンメンのニンジンなどの具
国産野菜タンメンの具は、キャベツ、人参、キクラゲなど。
もやし
具材のシート下の麺の上にもやしは乗っていた。ただしもやし比率はコンビニのG系麺類のように極端に多いわけではない。
キャベツの芯部分
キャベツの芯の比率が微妙に多い気がする。
残念点は肉が無い事。野菜は撮れてもたんぱく質不足な感じで栄養価的に微妙。
スープ
スープ
スープについては、脂もゴマ油くらいしかなくスープが弱い味だけがする。
スープ自体はあっさりで時間が経つと野菜の汁のせいか甘みが強くなる。
付属のごま油入れても終盤は甘みが強い。ラー油とか七味などが欲しい感じ。

まぁ一般的なタンメン屋ですらスープが貧弱な商品多いので、まいばすけっとのスープが薄いのも納得できるのですが野菜が多いメニューほど味ブーストできる要素が欠かせない気がしたのでした。

葉野菜類

駄目な点

うまくはないけど食べれない味ではない。価格相応な品なのかな。
100円~200円高くてももうちょっと強みがあるラーメンが食べたくなる。
味クオリティーならコンビニ麺の方が優秀。

良い点

野菜が多い為なのか腹には貯まるので満腹感は価格にしては良い。
容器は小さいのにコンビニ麺よりも満腹度は高い。ただし麺による満腹感ではないため炭水化物が欲しくなる。肉類のたんぱく質も無いですから。
手軽に野菜摂りたい人にはお勧めです。ただし飽きずに食べきるには調味料や肉でブーストする必要がありそう。

東武曳舟駅近くの中華料理店 味の横綱 のタンメン600円

栄養成分表示

国産野菜タンメンの価格と栄養成分表示

1包装あたり

栄養素内容量
エネルギー265kcal
たんぱく質14.1g
脂質3.5g
炭水化物44.3g
食塩相当量5.4g

たんぱく質14.1gは、コンビニ麺と比較すると低い値ですが、炭水化物が44.3gとかなり低いので中々判断に困る所。牛肉すき焼きうどん鍋 が炭水化物47.7gという値だったため食べ応え含めてもまだ鍋類の方がマシかな。

原材料名


明星 東京タンメントナリ監修 辛激ワンタンスープ

国産野菜タンメン|まいばすけっと

ラーメン食品
nufufuをフォローする
関連記事

サイト内検索

ぬふふ.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました