拉麺吉法師にて、特製鶏清湯ベースの激辛担々麺(仮)を食べてみた。
店主の思い付き仮即席メニュー。

特製鶏清湯ベースの激辛担々麺 拉麺 吉法師
特製鶏清湯ベースの激辛担々麺 拉麺 吉法師

動画

食べた感想

特製鶏清湯ベースの激辛担々麺 拉麺 吉法師
特製鶏清湯ベースの激辛担々麺
麺は、細麺ながらも、意外としっかりしているんだよなと改め思う。(他店との比較でしかないですけど)
味は良い。
スープ
スープは、辛さに対してスープの本体は鶏清湯ということで弱い。
辛さを超える味濃度ではなく完全に辛さに負けている。吉法師の白湯の担々麺 よりは好きかもしれない。[
具が、葱と卵とひき肉は適度に美味しい。
煮玉子
玉子
香辛料の粒が荒いことがマイナス要素な物の食べている味は適度で良い。

鶏清湯だと辛みに負けているかなという感じ。
速攻であしらえたメニューとしては美味しかったもののやはりスープ本体の旨味は生きていない感じ。

特製鶏清湯ベースの激辛担々麺 拉麺 吉法師
完食した丼
改めて思うことは、ラーメンソレナリの辛そばは、超辛いよということ。
拉麺吉法師の激辛基準で、今回のだったため、ソレナリの辛さが1辛が、そもそも危険な辛さなんだよな再認識。
拉麺吉法師の『特製鶏清湯ベースの激辛担々麺(仮)』を食べて思ったことは
ラーメンソレナリの辛そばの基準が、標準外だったということかな。

個人的にはラーメンソレナリの辛そばはモンスターに思えてしまう辛さと旨味がある気がした。

通常版の担担麺⇒担々麺 拉麺 吉法師にて食べてみた。

チャーシュー丼

チャーシューが1枚のチャーシュー丼
チャーシューが1枚のチャーシュー丼
なぜか豚肉1枚で300円のチャーシュー丼。
この日は、ご飯が切れていたという事でご飯部分チーハンでなら作れるという事だったのでそれでお願いすることに。
吉法師のハイナンチーハンは、通常版食べたことが無いので比較がそもそもできん。
ただこうなったところ豚肉一枚だったので割高感だけが際立った。
通常版(白米のご飯)だったら もうちょっと記憶では肉有ったはず。
肉一枚になる事先に伝えてくれよと思った。
チーハンが食べたいわけでなく肉食いたい気分だったのに。
これが以前食べた時のチャーシュー丼(通常版)
 ↓
拉麺 吉法師
チャーシュー丼300円
鶏白湯 塩800円他 拉麺 吉法師で食べた物
明らかに肉減る量が、チーハンだと比率が変じゃねと感じたのでした。
※海南鶏飯 ハイナンチーファン 鶏のスープなどで炊いたご飯ものらしい。

店舗

水曜日が定休日
夜の部だと空いていたので、竹末東京が長蛇の列になっていたら1時間も並ぶようであれば(外待ち8人近い状態で回転が悪いとそのくらい待つハメになる事も)一層拉麺 吉法師利用した方が楽かなとも思えた。

個人的に900円のラーメンを食べた時の満腹度は拉麺 吉法師よりも竹末東京の方が勝る。
拉麺 吉法師のメニューも清湯か白湯かというイメージしか持てないため
ラーメンメニュー以外の、つけ麺・まぜそばもある竹末東京のメニューの幅広さは強い。
吉法師はサイドメニューの拡張に走っているので両者の比較は難しい感じも大きい。