拉麺 吉法師のメインメニューは鶏白湯。
ということで基本にもどって鶏白湯 塩を食べてみた
限定の紫陽花も気にはなりますが原点。
店舗は 東京都墨田区吾妻橋3丁目で本所吾妻橋駅最寄りになる。
スカイツリーと浅草駅の中間地点。

    食べた物

  • 鶏白湯 塩800円と
  • チャーシュー丼300円
  • 生ビール500円

スポンサード リンク

動画

食べた感想

前回食べた鶏白湯塩はこんな図
拉麺 吉法師 味玉とらーめん900円
拉麺 吉法師 味玉とらーめん900円

今回のコレ

鶏白湯 塩 拉麺 吉法師スープ拡大図
鶏白湯 塩でも全くスープの見た目が違いすぎるwww。
食べたラーメンは同じメニューですけど、
座った席・時間はほぼ同じ位置。光源の変化があるのかは謎ですが色々とスープの違いが如実。
スープが油とスープの混濁具合が増している感じがする見た目。
チーユというよりもすでに脂との乳化印象が強いようなスープ
コーンポタージュかなという程度の見た目な度合い。
あっさりしてるものの 鶏鶏しているわけでもなく、スープ全体は以前よりもまとまっているし
麺も良い印象だったので、特段こうという物でも表現できないのですが好みによるのかな。
清湯か白湯かは好み次第。
ホウレンソウ・ネギ・パプリカ2色は問題なく
豚チャーシューが若干パワーダウンしている気がしなくもない。たまたま今日の日のが良くなかったのか若干パサっと感がいなめず脂の乗り具合が好ましくない
鶏白湯 とはなっていますが、塩味が際立つ物では無くスープを味わうな位置づけだと思う
前回の鶏白湯 塩のような悪目立ちする要素はなかったのですが、好みによる差かなという感じが残った。
個人的には醤油だったらどうなるのかが引っかかる。
食べ終えても何か「コレだ」という強みには届かない まとまったラーメン何だなぁ。
リピートしたくなる中毒性は無い。他のメニューに興味惹かれる感じは残りますけど。
拉麺 吉法師の鶏白湯 塩(ラーメン) 800円

    吉法師のメニューは

  • 白湯系か
  • 清湯系かで両端なスープに思う。
  • こればかりは完全に好みで分かれると思う

丼物

拉麺 吉法師
チャーシュー丼300円

鶏白湯 塩800円だけだと少し食い足らなかったので丼ものを注文。
チャーシュー丼の肉は鶏白湯 塩のチャーシューと同じものの印象。ラーメン店拉麺 吉法師のチャーシュー丼300円
豚肉はチャーシュー丼との相性は良かったのですがタレがもう少し欲しくなる比率だった。
肉量満足。
米量は食べきらないかなと思ったのですがなんとか完食。

拉麺 吉法師のラーメンの丼

拉麺 吉法師のチューシュー丼の器

店舗所在地