原産地は北アメリカ原産の鳥が七面鳥です。
現在はアメリカ合衆国、カナダ南部・メキシコに分布しておりアメリカでは食用の肉としては一般的です。
英語名はturkey(ターキー)
ここでは七面鳥(シチメンチョウ)の旬と栄養成分とカロリー・糖質などの紹介です。

栄養成分表示

高たんぱくで低カロリーが特徴のが七面鳥です。

標準成分表:しちめんちょう 肉、皮なし、生 100gあたり

栄養素 内容量
エネルギー(カロリー) 106kcal
たんぱく質 23.5g
脂質 0.7g
炭水化物 0.1g
食物繊維 0g
ナトリウム 37mg
カリウム 190mg
ビタミンB1 0.07mg
ビタミンB2 0.24mg
カルシウム 8mg

貧血を予防する鉄分も含んでいる為ダイエット時には効果的です
参照データ:
https://fooddb.mext.go.jp/index.pl

七面鳥の英語名ターキー(turkey)
七面鳥の写真
他の鳥類と比較しても身が大きく雄だと15kgにもなる。
鶏肉に比べて油が好く停脂質であっさりしている。

野菜宅配ランキング

七面鳥の特徴

七面鳥の旬は秋から冬にかけて。冬にかけて美味しくなるのは脂が乗ってくるからです。
日本ではあまり食べられない食材ですが、アメリカで冬に特にクリスマス食べられるのことから七面鳥の頻度は多い。
何月~何月
料理方法
調理前の七面鳥
調理前の七面鳥
丸焼き(ローストターキー):皮目に穴をあけた後に調味料をすりこみ オーブンで加熱。
食べきれない肉は冷蔵庫で保存し、他の料理の具に使う。
ターキーサンド等
七面鳥の焼き鳥等もみられる。
保存方法
冷蔵庫:加熱してから冷蔵保存する事。
冷凍庫:ラップで包み密閉容器に入れて冷蔵庫へ入れる。
ポイント
飼育や調理方法はニワトリと同じ。
アメリカでよく食べられるようになったのは感謝祭の日(11月末)

動画

種類 特徴
白色オランダ種 飼育種で一般な品種
ブロンズ種 羽が青銅色の17kgになる大型品種
小型白色種 食肉用に開発された品種

 

七面鳥の写真
七面鳥の写真
七面鳥でも食用に適しているのはオスの若鳥です。
日本ではスーパーなどで販売されている鳥類の肉は圧倒的に鶏肉が独占しており七面鳥の肉を見かけることも限られており調理された七面鳥を購入する機会が圧倒的に少ないと言えます。
ただしファーストフード店のサブゥェイのサンドイッチ「ターキーブレスト」は名前の通り七面鳥の肉を使っておりムネニクを使っています。
現在ではインターネット通販で容易に購入することが出来ます。
楽天市場で「七面鳥」を検索する。

イヌリンとHMB
すこやか自慢

学生服 セーラー服 夏服の後ろ姿