東京都墨田区曳舟駅近くのラーメン屋『麺処なんでやねん』
醤油麺650円は、1年前と比べると結構クオリティーがた落ちなんだよなと解ってはいても
再度利用してみた。
結果としては、ラーメンの質は改善していなかった。

スポンサード リンク

動画

食べた感想

麺処なんでやねんの醤油麺650円
麺処なんでやねんの醤油麺650円
スープ
ラーメンの肝であるスープが致命的に劣化しているのは相変わらず継続している模様。
豚骨らしさが無くなった。
ボディとしてのスープの味よりも明らかにタレの醤油味一色ただ。
どこかに書かれているレビューで「醤油水」というたとえがあったが、あながちそう表現したくなる感覚はわからなくもない。背脂も薄く、焦がしネギも無くなっているので明らかに原価下げているのは見てくれからも判別できる。
麺は相変わらず並には良いけど、スープが駄目になったことで麺たべていてもしょうもない感じになってしまった。
基本の具がもやしと少しの青ネギとチャーシュー1枚
無料トッピング一つはねぎチョイス。⇒これも現在は青ネギ

白髪ねぎが廃止されたことにより
麺処なんでやねんの麺類の具にはどれも魅力は無いものとなったのですが、

スープが麺とか具を食べるのには悪くは無いのですがスープ単体では飲みたい味ではないということ。
味は悪くは無いけど醤油すぎて本体の味が感じられないため『ラーメン』という料理としては致命的だよなぁと思う。
不味いラーメンではないというのが、中途半端にニクイ所。

ランチタイム無料の丼もの

麺処なんでやねんの半チャーシュー丼
半チャーシュー丼

半チャーシュー丼にて注文
今日のは米の炊き加減が適度&具のチャーシューもそれなりに良かったので好感。
食べ終えた丼
食べ終えた丼

全体的に

やはりラーメンのスープの劣化と
具にシラガネギが無いことは致命的にマイナスなのだ。
以前のクオリティーに戻ることは期待できないので、しばらく利用しないかな。

営業日・時間不明で不便になった麺処なんでやねん

営業時間が最近不便
週3日(水曜・土日)しか昼間営業していない現在の麺処なんでやねん。
ランタイム営業がある日も数日になったため、利便性にも欠きますし。
それ以外の曜日は17時~営業というスタイルだったりと、いささか疑問に思うことが多い。

公式ブログも公式Twitterもfacebookも無いため店頭に行かないと営業日の変更は分からない。
こういうスタイルは地域のみで営業が回ればよいという考えのスタイルのラーメン店なのかもしれませんが…。

    ※そもそも曳舟駅近辺のラーメン店でTwitter運用している所知りませんわ。

  • 中川會は錦糸町の本店含めたメインアカでしょうし…。
  • すずめ食堂のTwitterアカウントはすべて動いてないようだし。

情報発信に疎いラーメン屋が極端に流行ることは無いのでしょうけども。
この味・スタイルでも7月くらいに10周年キャンペーンとかやっていたこと考えると、よくまぁもつものだと思えてならない。

2017年10月全く営業している様子が無い

10月序盤は若干営業していた感じもしたが
中旬以降全く営業している雰囲気が無い。
月末に至っては、全く営業している日が無い
麺処なんでやねん2017年10月28日の図
看板も無くなっている気がする。いつから無かったのかは不明。
営業時間などの張り紙も無い
以前店主が焼肉店別で開店したといった話題話していたが、そっちに注力して営業終了なんだろうか?
閉店のお知らせ的な告知は見たことが無いので不透明ではありますが。
10周年記念開催していた年に終了だったら白けてしまう。
まぁ今年に入ってからの劣化が顕著だったとも思うが。
近隣の中川會も営業日不透明だし、すずめ食堂はごくまれに突発休みがあるので、近くでまともに営業しているラーメン店探すのは少し不便ではある。
食事時に近隣で重宝すべきなのは、
らーめん曳舟か、らーめん坂内か餃子の王将、もしくは天屋。だろうか

麺所 なんでやねん 東向島店ラーメン / 曳舟駅京成曳舟駅東向島駅
昼総合点★★★☆☆ 3.0