東京都墨田区錦糸町駅近くのラーメン屋真鯛らーめん 麺魚というに店舗て券売機一番左上の特製真鯛らーめん1050円を購入。

特製真鯛らーめん1050円
特製真鯛らーめん1050円

行列に並んで30分間くらいで着席できた。
道路挟んで公園側に列をなす様は、これから暑くなって来たら並びたくないな。
スープ切れが最近のTwitter見ていると、16時台程度で終了っぽいのでこれから暑くなって来たら厳しい気がする。
店内はカウンターが4席4席のL字型、計8席。割と狭い店内。
トイレはなさそうな建物でしたが向かいの公園にトイレある。

スポンサード リンク

食べた感想

スープ
スープ一口目は普通に美味しい。
スープは塩っぱかったり、
魚っぽかったり
柚子っぽかったり
毎回口に入れた時で微妙に印象が事なる。
ただ麺が最初から柔らかすぎるのが残念感
  • 肉は盛りだくさんだが肉汁がスープを赤っぽく染めている気がしてならない。(だからといって肉が汁っぽいわけではない。スープが透き通っている色合いだからそう見えただけかもしれません…)
  • 味玉は、半熟ではあるが味付けがいまいち好きではない。残すか迷った程度。まさかゆで卵を生臭くするなんてという未知との遭遇。
  • 緑色の茎のような野菜は野菜クササもとくになくパクパク食べれる。メンマとかなくてもこれはこれで面白い。
  • スープの底にある魚の身はぷりぷりしていておいしいが、いまいちこれという強みはない気がした(スープも魚で身も魚でサカナ・サカナ感は補強されているのでしょうけども)。これが有るのとないのとでは鯛の印象は違うのだろうなとは再認識。

なんというか魚の味がするラーメンというだけの印象。
全体的にも行列に並んでまた食べたいとは思えない印象だった。
おいらの体調が良くなかったのかは不明。空腹度は相当高かったですが。
魚の味はきちんと味わえるラーメンなんだけどもウマウマという感じにはならない。。。
期待値が強めだったので残念度も強く感じてしまった。

メニューは『濃厚』のが良いのだろうか?
特製真鯛らーめん1050円はボリュームは満足ですが、何か味が私的な好みにあわなかった。
魚を謳ったラーメンとしての比較
ただ竹末東京のヤシオマスの塩そばよりは魚度数はこちらの方が強かった。
好き嫌いは好みや、その魚の特徴にも左右されそうですが。
魚の身の有るなしなどで明らかに麺魚は魚なラーメン
鯛使ったラーメン食べたければ、選択肢としては有用だはと思った程度。

ビール飲みたいラーメン
券売機でビール350mlか500mlのポチりたくなるラーメンの味。
ただ行列店なので割愛。
水飲むよりはアルコール飲料の方が合いそうなラーメンだった。

特製真鯛らーめん1050円 完食
一通り色々なメニュー食べてみたいのですが錦糸町まで来ないといけないことがネックなのと、
行列店であることが様々なメニューを食べてみることが出来ないのが残念ではある。

動画


丼ぶりやレンゲにも鯛のマークが描かれている。

店舗の所在地

真鯛らーめん 麺魚の壁面
行列に並ぶ公園側から見た図

店前に4人くらいならんだら向かいの公園側に並ぶことになる。
自動車の行き来が結構多い。
既に行列店と店舗の位置でも不利だよなぁと思う立地なのでした。

定休日 月曜日らしい。

レビューサイト

少し移転

その後も各種テレビに登場したりで夏場でも行列ができる人気ラーメン店『麺魚』という名前は結構幅広く知名度を広げた。

2017年には近くの別テナントに移転したことで席数が増えて行列解消はスムーズになったらしい。
以前の店舗からは交差点ほぼ向いに位置するので簡単に見える距離だ。

錦糸町近辺にはその後も多種多様なラーメン店が相次いで増えている印象もありますが麺魚の人気は衰えることがないようにも感じる事が出来るのはTwitterなどの言及を見れば理解できるだろう。

限定

ごく稀に限定麺が開催されている。

2017年5月19日の限定は『クエ』
このときは整列券配布が11時頃には完了していた驚きの速さだった。

2回目に食べた麺