京成曳舟駅近くの麺屋太陽で鴨そば850円とトッピング300円食べてみた。
Twitterは「鴨そば」と記載されていたのですが、

店舗入り口の張り紙
店舗入り口の張り紙

券売機は鴨のせ醤油そばと書かれていた
券売機は鴨のせ醤油そばと書かれていた

動画

後で追記

食べた感想

鴨醤油そば 麺屋太陽
鴨醤油そば 麺屋太陽
麺と穂先メンマ
麺と穂先メンマ
いつもの細麺。麺量も結構ある。
食べ続けていると結構 油が見た目よりも重く感じた。
スープ
鴨の醤油そば+追加トッピング
鴨の醤油そば+追加トッピング
鴨っぽいというか、麺屋太陽での過去の鶏清湯と醤油のラインナップに似通っているな。
特段鴨と言う感じが強いわけではない。
スープ本体は鶏清湯なのかな。
そういえば某店で鴨だとスープがうまく味が出にくいとか言っていた気がした。
※他で考えると 鴨100%は満鶏軒くらいですし…。比較対象は割と少ない。鴨ラーメンがメジャーでもないですからね・・・。

味に関して
カエシの醤油が、結構はっきりしていたくらいかな。

肉は味玉も含むトッピング300円追加 全部の具量は結構多い。

肉の種類が、豚、鶏肉、鴨肉と3種類

煮豚だと思う
煮豚だと思う

豚肉は薄目のスライスだったのですが肩かなにかかな。結構固め。もしかすると牛かなと思うくらいの硬さはあった。
鶏肉
鶏肉

鶏肉と鴨肉が、ぶ厚くて食べにくいことと、ボリュームが結構多い。カモ肉の皮も結構厚みがあった。
というか鴨の皮厚みがあると噛み切りにくい。噛んだ時のグニっと感が、牛の肉についてる脂肪な感じすらあった。カモ肉の燻製とかと全く異なる噛み応え。
鶏肉も低温調理で この厚みだと結構食べにくい。
ボリューム感多いのは嬉しいのですが、オイラの口内環境ボロボロなのでこれ食べきるには無理があった。多分健康万全な人だと問題ない筈ですけど。
皮の脂肪分多い肉はちょっと苦手という事も有る。少なからずスープにあたえる脂分比率も引き上げている気がした。
鴨肉1個目
鴨肉1個目

鴨肉2個目
鴨肉2個目

長葱
長葱
ネギ・穂先メンマは適度
味玉
味玉
トッピングの味玉薄目な味付で、中の黄身はドロっとした感の半熟卵。
終盤スープから感じる脂のクドサが強めに感じたかな。

麺屋太陽で以前にも「鴨そば」というメニューでは販売していたな。
木曜日営業 麺屋太陽の月替わり限定の「鴨そば」| 麺屋 頂 中川會
ただどちらも鴨成分がスープにどの程度なのかは不明。
トッピング追加無しで、通常版で食べたほうがよかったかもと思えた。
あるいはご飯もの選択すべきだったかな。

食べログ麺屋 太陽
昼総合点★★★☆☆ 3.3

コスパ満足度は高いのですが、肉の厚みはラーメンだと全て薄切りが好ましいかな。(やわらかめのバラの煮豚とかならまだ食べれますけど。)

店舗Twitter

店舗地図


麺屋 頂 中川會 曳舟店の木曜日昼間の営業が「麺屋太陽」です。

前回食べた物
とり醤油そば 麺屋太陽

人気&有名店のラーメン・つけ麺をお取り寄せ 宅麺.com

麺類

ソイドル

美味しい大豆麺『ソイドル』

揖保の糸