松茸以上に日本でよく消費されるきのこの一つが椎茸でしょう。
干しシイタケは、グアニル酸を最も多く含む食材でうま味成分として多種多様な料理で用いられるキノコです。
鰹節や昆布と合わせて出汁をとる事が多い。
スープの旨味成分として欠かすことが出来ない食品です。
椎茸(シイタケ)の栄養成分とカロリー・糖質・旬などの紹介です。

椎茸(シイタケ)の写真
椎茸(シイタケ)の写真

椎茸の栄養成分表示

生しいたけ/菌床栽培、生の 標準成分表:100gあたり

栄養素 内容量
エネルギー(カロリー) 19kcal
たんぱく質 3.0g
脂質 0.3g
炭水化物 5.7g
食物繊維 4.2g
ナトリウム 1mg
カリウム 280mg
ビタミンB1 0.13mg
ビタミンB2 0.20mg
カルシウム 1mg

参照データ:
https://fooddb.mext.go.jp/index.pl
カロリーは、キノコ類なので19kcalと少なめ。

糖質は、炭水化物5.7に対して食物繊維4.2gの『糖質:1.5g』です。

目を見張る栄養価

野菜宅配ランキング

干しシイタケ

スライス干し椎茸

椎茸の特徴

木に生えた椎茸
木に生えた椎茸

何月~何月
料理方法
 
ポイント
椎茸は、きのことして単品の食材としても役立つ食材。
干しシイタケは、出汁の原料としても用いることで動物系と合わせると、うま味アップに使える。

鮮魚・青果・和牛の仕入れ 料理人向け食材のEコマース【八面六臂】

椎茸は価格が安い物は中国産が多くみられる。

椎茸と発芽玄米の炊き込みご飯
椎茸と発芽玄米の炊き込みご飯

動画


スライス椎茸(干しシイタケ):写真と動画 通販.jp
干ししいたけは日持ちするので便利。
水で戻すと様々な料理で使える。
スーパーで販売されているものは中国産は安いが、日本産(国産)は2倍程度(数倍)の価格が多い。

イヌリンとHMB
すこやか自慢

**関連
シイタケの写真
シイタケの写真