ホクト株式会社の長野県産ブナシメジ食べてみた。
ブナシメジの栄養成分とカロリー・糖質・旬なども紹介。

長野県産ブナシメジ|ホクト株式会社
長野県産ブナシメジ|ホクト株式会社

購入価格は105円 2018年10月21日時点の「まいばすけっと」にて。

動画


bunasimeji

食べた感想

長野県産ブナシメジ|ホクト株式会社
パッケージの説明書き

長野県産ブナシメジ|ホクト株式会社
上から見た図

長野県産ブナシメジ|ホクト株式会社
根っこの部分(石づき)

サイズ
長野県産ブナシメジ|ホクト株式会社
ブナシメジを横から見た図

意外と大きめ。
小分けで売られている物よりも塊り買った方がお得だろう。
鍋料理のかさましに使って食べた。
風味は他のキノコ類と比較すると強くはないかな。
長野県産ブナシメジ|ホクト株式会社
真上から見たブナシメジ

人気&有名店のラーメン・つけ麺をお取り寄せ 宅麺.com

栄養成分表示

長野県産ブナシメジ|ホクト株式会社
長野県産ブナシメジ|ホクト株式会社の栄養成分表示
標準成分表:100gあたり

栄養素 内容量
エネルギー 9~21kcal
たんぱく質 1.5~3.0g
脂質 0g
炭水化物 2.9~7.4g
食塩相当量 0g
オルニチン 70~170mg

パッケージの栄養価に食物繊維量が未記載である為、糖質量は不明。
その他の栄養価も開きが大きい。
ホクトのブナシメジに含まれているオルニチン(アミノ酸の1種)は、シジミ5倍から7倍

公式サイト

ブナシメジ | ホクト株式会社

ブナシメジ
苦味のない、シャキシャキ食感!
定番商品のブナシメジは、日々進化を重ね、現在5代目の品種です。
天然モノの特徴である、苦味をできる限り抑えた、クセがなく旨味が豊富なきのこです。

ブナシメジの特徴

スーパーで販売されているものは全て栽培ものです。栽培ものに旬は存在せず通年食べることが可能です。
冬場が鍋料理などがよく食べられるために、消費量が増える傾向にある。

天然物は苦みが強かったり、外観も異なる形状になる事が多い。天然物の旬は、夏の終わりから秋までのシーズン。

ブナシメジの料理

炒め物や鍋の具として。
栽培物は苦みなどのクセがない為、様々な料理の具として扱いやすい。
鍋物にするとスープにキノコのうまみ成分が出るため相乗効果が期待できる。