牛肉のの部位は名前多すぎて覚えられなかったり、料理する際にどの牛肉を買えばよいのか解らないことが多い。
このため自身でも覚えるために調べてみた。

スポンサード リンク

サーロイン

お尻よりやや前の部分。
価格は高い。
ステーキとして有名所。
国産牛肉 極上 サーロインステーキ 150g 4枚 芳醇で濃厚な熟成サーロインステーキ
国産牛肉 極上 サーロインステーキ 150g 4枚 芳醇で濃厚な熟成サーロインステーキ

  • メーカー: 国産牛専門 【創業100年の五十嵐】
  • 出版社: 国産牛専門 【創業100年の五十嵐】
  • 発行日:
  • 国産牛肉 極上 サーロインステーキ 150g 4枚 芳醇で濃厚な熟成サーロインステーキ

    一文字で肩 という場合は赤身肉で煮込みの肉として用いられる。普通に焼いても肉の硬さは硬いが適度に焼けば噛めないほどではない。

    ロース

    ロースは、肩ロース・リプロースは肩から腰にかけての背肉。ステーキに用いることが多い部位(霜降りが多い)

    ヒレ(フィレ)

    体の真ん中あたりの部分。赤身のなかでは最もやわらかい部位。

    ハラミ

    焼肉などで用いられることが多い肉。
    1頭の牛から3個しか取れないため希少な部位。約5kgしか取れない。
    肉は横隔膜周辺にあるため内臓に分類されることがある。

      ハラミとサガリの二種類に分けられ脂の筋に違いがある。

    • ハラミが背中側2ヶ所
    • サガリが横隔側に1ヶ所

    バラ(カルビ)

    バラは脂身があるが、肉質は、硬い。
    韓国語でいうとカルビとして焼肉では日本でも浸透している。
    焼肉以外では、すき焼きや牛丼、角煮などの煮込み系の料理に用いる。
    普通にフライパンなどで焼いて食べようとしても大抵の輸入牛肉だと硬い。
    三角バラ、肩バラ、トモバラ等。
    かたばら、ブリスケット(brisket)前股内側の肉。

    やや堅い。わりと大きいサイズで販売されていることが多い。ステーキなど

    モモ

    ステーキでも可。赤身が多い部位

    タン

    タンは牛の舌。円形状でカットされていることが多い。コリコリした食べ応え。

    ランプ

    お尻の部分の肉

    外モモ

    スネ

    赤身肉だがスジが多く硬い為煮込み料理に用いられる。

    テール

    コラーゲンが多い部位。シチューなどに使用。

    牛筋

    牛のアキレス腱の肉
    横隔膜の一部も似ている肉質のためスジ肉と呼ぶ。
    長時間煮込んで柔らかくする調理が主流。

    参考:http://ja.wikipedia.org/wiki/牛肉