東京都墨田区曳舟駅近くのラーメン屋、麺処なんでやねん
2017年1月現在麺類の価格は、
醤油麺600円
塩麺650円
味噌麺650円
だったと思う。
4年くらい前までは、もともと600円だったと思うのですが
消費税増税あたりのときに原料費高騰化か何かで750円に値上げしたことから
昨年12月辺りから値下げしたのは、ちょっと価格が安くなるのは嬉しいのですが
値上げ価格はなんだったのだろうかと疑問視してしまう。

スポンサード リンク

醤油麺

麺処なんでやねん 醤油麺600円
無料トッピング一つでネギを選択した醤油麺

ひとまずラーメン類のメニューでは、醤油が鉄板であることは違わないのですが、
スープの味が毎日ぶれている気がしてならない。
本体の濃さが日によって大きく異なるのだ。
たまに肉がまずい日も多々あるが、ここの店ではチャーシューは、あまり比重を考えず麺とモヤシを食らうことだけに集中する。
食べ終えた図 麺処なんでやねん 醤油麺600円
麺処なんでやねん 醤油麺は最近スープ飲み干せないクオリティー

動画

塩味噌の劣化

  • 塩は、最近淡白な塩
  • 昔は味噌はスープがどろどろだったのが最近では薄目の味噌ラーメンになっている。
  • 営業時間

    11時すぎにいくとまだ開店準備中だったりしたことがあったため最近は早めに行くことは面倒になった。
    15時過ぎに行くとOPENの看板がかかっているのに入口が閉まっていることがある。
    単純に人員不足なんだろうなとは思いますが営業時間が不透明な通し営業はやめて昼の部夜の部にわけてでも、明確な時間帯で営業して欲しいものだと多々思う。
    味も価格もメニューもありきたり感じの街のラーメン屋さんという枠からは抜きんでないよなという印象だけが残る。

    600円という価格になったことで麺処なんでやねんの価格のお得さは戻ったものの、
    750円出すならイトーヨーカドー側面にあるすずめ食堂か、京成線の線路またいだ先の麺屋 頂 中川會の方が良いんだよなと多々思う。※ただし中川會曳舟店は金土日しか営業していないのが難点。
    葱食べたいなら麺処なんでやねんは重宝するのですけどね…