キュウリは夏によく取れる野菜で日本では一般的な食材として食べられている。
一般的に食べられているのは成熟したものではなく未成熟の物だ。

キュウリの写真
キュウリの写真

ここではキュウリの栄養成分とカロリー・糖質などを紹介します。
漢字で書くときは胡瓜
中国語では黄瓜となる。
Nutritional-information-and-calories

スポンサード リンク

栄養成分表示

標準成分表:100gあたり

栄養素 内容量
エネルギー(カロリー) 14kcal
たんぱく質 1.0g
脂質 0.1g
炭水化物 3.0g
食物繊維 1.1g
ナトリウム 1mg
カリウム 200mg
ビタミンB1 0.03mg
ビタミンB2 0.03mg
カルシウム 26mg

参照データ https://fooddb.mext.go.jp/details/details.pl?ITEM_NO=6_06065_7
https://fooddb.mext.go.jp/index.pl
カロリーが14kcalと少ない。
炭水化物3.0gにたいして 食物繊維は1.1gですので糖質は1.8gと少なめです。食べ過ぎてもさほど問題ないと言えます。

野菜宅配ランキング

キュウリの特徴

    スーパーなどで出回っているきゅうりの種類

  • ブルームレスきゅうり:皮が硬く日持ちが良い:白い粉が付着していないキュウリのこと
  • ブルームきゅうり:青臭さが強い(昔ながらのきゅうりで白い粉が付いている)
旬は夏
夏5月~8月
品種によって収穫の時期は前後しますが温かい時期がメインです。
料理方法
食べやすいようにカットされたキュウリ
刻まれたキュウリ

  • 生でかじって食べる他味噌などつけて食べることもある。
  • パンなどに薄く切ったキュウリを挟んでサンドイッチの具としての利用も多い
  • サラダなどにあえることでも食べられる
  • 冷やし中華の具として細く刻んだキュウリを添えられるのも定番の使い方だろう。
  • 浅漬けにして食べられるキュウリ
    浅漬けにして食べられるキュウリ

ウリ化の植物はキュウリと似た味の特徴がありますが難なく食べれることが出来るのはきゅうりだけだろう。

マカロニサラダのキュウリ
マカロニサラダのキュウリ
ポイント
キュウリは、そのままでは日持ちしないため収穫後は早めに食べるべきだ。
冷凍保存などが出来ない上に酢の物などに加工しても極端な日数は持つことは無い。
スーパーなどで購入する際にも袋買いせずバラで買った方が結果的にお得なこともある
麺とあえた刻んだキュウリ
麺とあえた刻んだキュウリ

ブランドキュウリ

  • 加茂の意地
    新潟県加茂市で作られているきゅうり
    生産量が少ない為幻のきゅうりとなっている。
  • 中国のきゅうりに四つ葉きゅうり
    国内でも一部で作られている。

動画


マカロニのサラダにキュウリがスライスされたものが入っている。

ダイエット効果

煮ている野菜にズッキーニが存在する。

キュウリにはダイエット効果があるとされておりキュウリの成分で中性脂肪の吸収が抑えられるとされている:脂肪分解酵素「ホスホリパーゼ」
野菜中心の食事の中でキュウリを食べることで甘いものなどを食べたいという食欲を抑えられる。
食べる量はキュウリを1食1本~2本食べる事。

女性向けLP

野菜関連

学生服 セーラー服 夏服の後ろ姿