ローソンバリューの特盛カレー激辛というレトルトカレーの”激辛(辛さ段階10で最大)”を食べてみた。正直辛さは、これはキツイ。
先日食べたローソンバリュー『特盛カレー大辛』も辛かったがさすがに激辛は食べるのに苦戦する辛さだった。

ローソンストアで購入した特盛カレー 激辛
特盛カレー 激辛

普段中辛~辛口(あっても大辛)までのレトルトカレーしか食べない管理人としては、激辛は手を出すべきではなかった。

スポンサード リンク

中身の動画

色は普通のカレールーっぽい色
封開けて中身を出した時点でこのカレーが辛い事には気付いてた。
匂いが他のカレールーとは違うのだ。
他の普通なカレールーは、開けても加熱しないとここまで強い香辛料の香りを発しない。

辛い

ローソンバリューライン
特盛カレー 激辛 裏面パッケージ写真

一口、口に入れると辛みがくる。
この時点で完食できるのか?と不安がよぎった。
もくもくと食べようとしても辛さが舌に響く。
味がカレーというよりは辛い。辛いだけのルーにしか思えない。カレーを楽しむことは出来ず、辛さしか感じられない。
ここまでくるとカレーというよりも辛い食べ物。

内容量300gなだけあり具もしっかりと入っている
四角く切られたジャガイモが入っている。
具にケチをつけたり具の味がどうこうとは言えない程度にカレールーが辛い。このカレーの辛さでは具があろうとなかろうと殆ど気になら無い。

ひとまず辛いので他にトッピングで、福神漬け、ラッキョウなどと
卵がほしい オイスターソースとかがほしい。

感想:激辛は辛かった

正直このカレー食べると、カレーって辛すぎることがいいものでは無いと感じる。
この辛さで300gはきつい。200gでなんとか食べれる希望が持てるからさだ。
最後ソースかけても食いきれなかった主にルーが残った。
食べたあとでも辛さが後を引く。(数分で引きますが・・)
甘口のカレーを食べるよりはカレーらしい味ではあるが辛すぎる。世の中には激辛を謳うカレーは結構見かけるが、何故にカレーをそこまで辛くしようとするのかがいまいち理解できなかったりする。個人差があるのでしょうけども極端に辛いカレーは、カレーの味が誤魔化されているようで、辛さは実に難しい。しかし世の中にはこの程度でまだ辛さが足りないという人も居そうなのが怖い。
辛いカレーを食べなれていない私にはちょっと辛さレベルが高いレトルトカレーでした。

この製品自体も公式サイトには掲載されていない様子なので形落ちなのかもしれない。