今度は不二家でアオカビケーキwwwwww
mBIA363E60
7月のマクドナルド、ペヤング(12月) 日清(12月公開調査に入ったのが11月下旬)と
食品に関連する不祥事が度々取りざたされている中ですが
今度は不二家でアオカビが生えたケーキの画像が出回る始末。
クリスマスシーズン前にコレはちょっと・・・・怖い。

スポンサード リンク

不二家のアオカビケーキ画像のツイート


該当ユーザーは、クレーム入れてこの対応(ツイート)の様子。
どうしてアオカビが生えるのかが理解できないのですが不二家ではスポンジのままで、何日も作ったものを放置しているのだろうか?
それとも冷蔵庫は、よっぽど不衛生な環境で補完されているのか疑問視してしまう。まさかスポンジを裸で室温に晒さしているとは思えないが。
今回はゴキブリと異なり アオカビを噴射させて固定させるなどの技術は普通はないと思うので異物混入ではない。
ケーキのスポンジがどういう面なのかはわからないのですが、数枚の写真からケーキの底にカビが発生しているものと思われる。
故意にケーキの底にカビを発生させるのも困難だ。
スポンジを加工している間にカビが生えたとして、どういう風にケーキを作っているのかが怪しい点だろう。クリームを塗ったあとだとカビはこういう風には繁殖しにくいとも思うが。
もしも同一時期に製造したスポンジは全てカビが生えているのではないのだろうか?普段の保存や管理がどうなっていたのかも気になる所。

過去にも消費期限切れ問題を起こしていた不二家

不二家というと以前にも原料使い回しで『期限切れ原材料使用問題(2006年~2007年)』が起きていたが、もし今回青カビケーキのツイートが本当だったとしたら酷いことになる。何も会社として反省できていないし客を欺いていたということになる。
他にも起きていた場合には悲惨なことになると思う。
不二家のケーキにカビが生えていたということは他にもあるのか?
2010年以降の書き込みで不二家に関連する怪しいYahoo!知恵袋の書き込みも有る。『不二家のケーキにカビが生えていました。2カ月位前の事です。まだこちらとしては終わってない話です。』等。
もし事実だったとしたら今回女子高生が画像をツイートしたのは、炎上気味だが良い結果に繋がってほしい。

何故起きたのかと、購入した場合にカビが生えていたときの対処方法

店舗にクレームを入れて店舗が回収したかどうかも不明だ。(店員は調べれば販売履歴などが、どういう時期の製品だったかは調べが付くのだろうが。)この辺りは有耶無耶だ。
どちらにしても問題のケーキを証拠として保存して保健所に連絡するなどの対応を取らなかったのは良くない点だ。
釣りではない場合はこの手の腐ったものが販売されていた場合は保健所に持ち込むのが妥当な事らしい。
真実が判明するのが期待される。

ケーキに青カビは生えるのか?

古いデータで平成13年度の統計では

カビ苦情のあった食品ではケーキや和菓子などの菓子類が最も多く、全体の約 40%を占めました(図1)。
http://www.city.osaka.lg.jp/kenko/cmsfiles/contents/0000130/130008/109(1106)-23.pdf

と有る。
パンやケーキがカビが生えやすいという事実はあるようです。
冷凍ケーキ自体は珍しくはないが、もしも不二家の工場に問題があれば他の店舗でも同様の事例は起きていると考えるべきだが、真相はわからない。
追記すると深夜3時代に該当ユーザーがアカウントを非公開にしたため画像やツイートが見えなくなっている。
過去のキャプチャーされた画像では問題のケーキ自体は手元にあり「保険所にもっていく」というツイートが一応見つけられた。
こうなってしまうと逃亡といわれてしまう面が強いが、真偽の程は謎だ。

2014年12月14日正午時点では不二家本社側は事の自体は調査中とのこと。
真相が気になるのでした。

翌営業日(月曜)15日の夜間に公式PDFが公開される
不二家が青カビケーキについて公式で言及
事件はいつになったらどういう結末で終るのだろうか?